低用量ピルとHRTの違いは?

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

今日は低用量ピルとHRT(ホルモン補充療法)との違いについてお伝えします。

20代、30代から低用量ピルを使用されている方も多いかと思います。
低用量ピルは毎月の女性ホルモンの変動をなだらかにし生理周期を安定させることで

 ・ひどい生理痛
・月経前症候群(PMS)
・子宮内膜の増殖をおさえる(子宮内膜症の予防)
・排卵をおさえる(避妊薬として使用)

 などの治療薬として使われています。

低用量ピルはエストロゲンと黄体ホルモンの混合剤ですので、ホルモン補充目的で使用することも可能です。

<ピルとHRTの違いは?>

低用量ピルとHRTとの大きな違いは含まれているエストロゲン量です。
低用量ピルはエストロゲン量がHRTの5倍前後あり、卵巣機能が急激に衰えてきた更年期世代の女性には多すぎると考えられています。

HRTは必要最低限のホルモン補充をすることで急激な卵巣機能の低下をゆるやかにして、身体を閉経後のホルモン環境に適合させていくサポートをする治療です。

したがって多量のエストロゲン補充は逆にからだに負担をかけてしまい、乳がんや血栓症のリスクを高める可能性があります。

 特に40歳以上の喫煙者が服用すると血栓症のリスクが非常に高くなるといわれています。

 

<低用量ピルはいつまで続けていいの?>

 30代前半くらいから低用量ピルを飲み続けている方は、ホルモン値を検査するなど今の卵巣機能の状態を把握し、専門医と相談しながら低用量ピルからHRTに切り替えていく必要があります。
 
初めての方の場合は、30代半ばくらいからの”プレ更年期”の時期はまだ卵巣機能が著しく低下していないことが多く、頭痛、めまい、のぼせ、寝汗などの自律神経症状はホルモンバランスの乱れが要因の可能性が高いため低用量ピルを勧める専門医が多いようです。

 一般的には、低用量ピルの使用は45歳くらいまで、45歳以上になったらHRTを選択することが望ましいといわれています。