梅雨時に多い”耳鳴り・難聴・耳閉感”

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

6月ももう下旬となりましたが、6月はめまいや耳鳴り・難聴・耳閉感といった“耳”に関連する症状を訴える患者さんが一気に増えました。

毎年梅雨の時期はめまいや耳鳴りなど“耳”の不調の患者さんが増えますが、今年は例年以上に多かったです。

耳鳴りや耳閉感は本人にしかわからないつらい症状で、イライラが募り、不眠など他の症状もおこってくる方が多いです。

なぜ梅雨の時期は“耳鳴り・難聴・耳閉感”といった症状が増えるのでしょうか?

 

それは「低気圧」の影響による自律神経の乱れが要因です。

 

雨が降るとということは低気圧の状態です。

低気圧だと人間の身体は副交感神経優位の状態になりやすくなります。

副交感神経優位の状態ならいいのではないかと思うかもしれませんが、朝から日中、夕方までは交感神経が少し優位になっているため活動的に過ごせるのです。

雨の日はなんとなくだるいとかやる気がでない、憂うつだと感じる方が多いと思いますが、それは交感神経の働きが鈍っているからなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<低気圧で”耳”の症状がでやすい理由>

①副交感神経優位になり、細胞や血管が膨張し神経(特に内耳)を圧迫する

②膨張した血管を元に戻そうと交感神経が働き過ぎ、逆に血管が収縮しすぎて血流が悪くなる

 

人間には環境が変化しても常に身体の状態を一定に保とうとする能力がありますが、低気圧の影響で交感神経と副交感神経のバランスや切り替えがうまくできない時に自律神経が乱れるのです。

 

普段からストレスが多かったり、不規則な生活が続いていたりすると、今までは多少の気圧の変動や気温差などの環境の変化に対応できていた心身が対応しきれなくなって症状があらわれてしまいます。

 

多少の気圧の変動があっても自律神経を乱されないよう、梅雨時こそ生活習慣を見直していきましょう。

そして、あまりに症状がつらい場合は、自律神経を整える鍼灸治療を受けてくださいね。

 

 

2018年6月25日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido