暑さと自律神経の関係

 

毎日暑いですね・・・

日本はどうなってしまったのでしょうか、とにかく暑過ぎますよね。

まだ7月ですが、もうバテていませんか?

 

 

今日は暑さと自律神経の関係についてお伝えします。

自律神経は呼吸や脈拍、体温調節、胃腸の働きや睡眠、食欲、ホルモンの分泌などをその時々の環境や状態に対応し、無意識の中で調節しています。

 

自律神経が乱れる最大の要因はストレスですが、暑さは心身に大きなストレスとなります。

特に今年のような酷暑になるとストレスはさらに大きくなります。

 

そして暑さというストレスによって自律神経は乱れ、様々な症状がおこりやすくなってしまうのです。

<身体面の主な症状>

頭痛・頭重感・めまい・耳鳴り・動悸・肩こり・食欲不振・胃腸障害・睡眠障害・疲労感・倦怠感・・・

<精神面の主な症状>

イライラ・怒り易くなる・焦燥感・不安感・精神不安定・集中力や意欲の低下・・・

これらの症状はほとんどが自律神経のバランスが乱れ、交感神経の過緊張によっておこってきます。

熱中症は自律神経のコントロールがきかなくなった状態といえます。

以前お伝えしました東洋医学の独特な考え方である「五行論」の「五気」という季節の気候特徴からみると、「暑さ」は「心」に影響を与え、精神的な不調がでやすくなると考えられています。

風 → 肝

暑 → 心

湿 → 脾

燥 → 肺

寒 → 腎

 

また、日常生活の中でも、例えば電車通勤の方の場合

・家から駅まで徒歩  → 暑い

・電車の中の冷房   → 快適or寒い

・駅から会社まで徒歩 → 暑い

・会社の中の冷房   → 快適or寒い

暑いと寒いの繰り返しで自律神経は体温や汗の調節などでフル稼働していますからもう大変です。

 

当たり前すぎて申し訳ありませんが、こんな時期こそ、規則正しい生活習慣を心掛けることが重要となってきます。

・バランスのよい食事

・適度な運動

・良質な睡眠

によって健康な心身がつくられるのです。

 

食欲が落ちて、暑くて身体も動かしたくない、そして夜もよく眠れない・・・

それでもちょっとだけ、少しだけ意識してみてください。

少しの意識付けで行動に変化がでてきます。

 

まだまだ当分暑さは続きますが、頑張って乗り切っていきましょう。

2018年7月19日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido