春は自律神経が乱れやすいのです・・・

こんにちは、ひかり堂の齋藤です。

早いもので今年ももう3月に入りました。

今年の冬は本当に暖冬で、いつの間にか梅の見頃も終わってしましました。

いよいよ春本番ですね。

 

しかし、春はいいことばかりではありません。

春は自律神経が乱れやすい時期なのです。

 

春先になんだか体調がすぐれないとか、集中力に欠けるとか、情緒が不安定になるとかいつもと違う感覚になることはありませんか?

肩こりや頭痛がひどい

・ふわふわとしためまいが頻繁におこる

・寝付きが悪い、夜に何度か目が覚める

・動悸がよくおこる

・イライラしたり、不安感・憂うつ感を感じることが多い 等々

一説には”春は心療内科の予約が取れない”といわれるほど心身の不調がおこりやすいのです。

 

自律神経の乱れの最大の要因は“ストレス”といわれていますが、春はいつも以上に心身に様々なストレスを受けてしまう時期といえます。

・三寒四温といわれる寒暖差による気温の変化

・菜種梅雨など天候の変化(気圧の変動)

・花粉や黄砂の飛散

・入学や就職、転勤、昇進など生活環境の変化 

など 肉体的にも精神的にも多くのストレスを受けやすく、自律神経はフル稼動してしまっています。

最近では、花粉症の症状により大きなストレスを感じている方が非常に多いように感じます。

 

人間は本来様々なストレスに対抗する力を持っていますが、短期間に様々なストレスが重なると、そのストレスに対応しきれなってある一線を越えてしまい、心にも身体にも様々な症状が現れてくるのです。

そして、様々なストレスによる自律神経の乱れは、そのほとんどが交感神経の過緊張が要因と考えられています。

 

<この時期に必要なことは?>

まずは、リラックスできる心とからだになること。

そのためには、この春先の時期こそ規則正しい生活習慣を心掛けることが最も重要です。

 

・規則正しい食事をとる

・十分な睡眠時間を確保する

・適度な運動を継続する

これらを意識して生活することで春先のストレスに対抗できる力を維持できるようになります。

 

私はストレッチでもウォーキングでも、少し身体を動かすだけでも気持ちいいと感じます。

あなたも気持ちいいとか、心が落ち着くことを意識して実践してみてください。

 

春は本来は梅や桃、菜の花、そして桜と“花”を楽しめる最高の時期です。

 

今年は少し立ち止まって“花”を感じてみませんか?

2020年3月3日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido