生理痛・生理不順・更年期障害・不妊サポート

あなたの体質は変えることができます
あなたらしく、あなたのままで

こんなことで悩んでいるのなら 生理痛があまりにつらくて、ロキソニンが手放せない 生理前になるとひどい頭痛や吐き気に襲われる 生理痛がつらすぎて、仕事や学校を休むことがある 生理前・生理中はすごくイライラしたり、落ち込んだりする 生理周期がバラバラ、2ヶ月以上生理が来ないこともある “妊活中”で体調をきちんと整えたい 「更年期だから仕方ない・・・」とあきらめている 不妊治療を1年間続けているが子宝に恵まれない

 

女性ホルモンバランス療法を受けた患者様の喜びの声
<生理痛・生理前のイライラが楽になりました!>頭痛・肩こり・生理痛・月経前症候群(生理前のイライラ・頭痛)もともと頭痛と肩こりの治療で通院していましたが、先生が 「女性ホルモンバランス療法」という治療を始めたということで、生理痛の治療も合わせてやってもらうようになりまました。1ヶ月に1~2回程度の受診でしたので、1回目の生理の時は正直生理痛や生理前のイライラはあまり変化はありませんでした。しかし、2回目の生理の時、生理前の不快な症状が楽になっていて、生理痛(下腹部・腰の痛み)がいつもよりすごく軽かったです。しっかり通えばもっと楽になるような気がします。年齢的に、これから迎える更年期にすごく不安を持っていましたが、更年期を健康で元気に過ごせそうな自信が湧いてきました。生理痛やPMSのつらい方は是非受診してみてください。

出産後生理が戻ったのですが、以前よりも生理痛や生理前の不快な症状がつらくなりました。特に生理前にいつもお腹がゆるくなり、突き上げられるような排便痛がさらにひどく感じるようになりました。以前から通院していたひかり堂さんに相談し、「女性ホルモンバランス療法」という治療をうけることにしました。治療といっても“刺さない鍼”を使ってツボに触れる程度の優しい刺激で「何これ?」って正直効果を疑っていました。しかし1回受けた後の生理で生理痛がすごく軽くてびっくりしました。その後2回治療を受けた後の生理もやっぱり軽くてまたまたびっくりです。下腹部の痛みも気にならず、一番つらかった排便痛が本当に楽になりました。生理痛でお悩みの方には絶対おすすめします!

仕事柄ストレスが多く、朝起きた時から頭痛がしてくるような状態で、毎日ロキソニンを飲むのが習慣になっていました。(多い時は1日に3回服用)また、生理痛と、生理前・生理中の寝汗がひどく、夜に着替ええなければならないほど汗をかいていました。先生から「女性ホルモンバランス療法」という治療のことを聞いて、頭痛治療と合わせて治療してもらいました。数回の治療で頭痛がほとんどしなくなりました。生理痛は通院 してから3回目の生理の時に不快な前兆もなく、すごく楽になりました。そしてレバー状のかたまりが多かった経血もサラサラになりました。生理の時の寝汗もすごく減って着替えることがなくなりました。数ヶ月前の状態から想像できないくらい今はいい状態で生活できるようになりました。

生理周期がバラバラで、生理が来ないこともあり、生理痛もかなりつらかったです。定期的に婦人科でホルモン治療をしていましたが、結婚を期に早く赤ちゃんが授かるようにしっかり体調を整えたいと思いひかり堂さんで治療を受けることにしました。あまりに軽い刺激の治療なので、「こんなんで良くなるの?」と思ってましたが、3回治療した後、生理前の前兆がほとんど気にならず、生理痛もすごく楽でびっくりしました。そして、次の生理も30日の周期で始まり、やはりすごく楽に過ごせました。普段の体調もよく、からだが健康になってきた気がします。残り1ヶ月、しっかりと治療を受けてみようと思います。

就職してから半年後くらいから生理の周期がくるいはじめて2ヶ月~3ヶ月に1回ということもありましたが、特に婦人科も受診せずそのままにしていました。結婚が決まり、このままでは良くないと思い、婦人科の薬を飲んでいましたが、吐き気やめまいなどがきつく、服用をやめました。薬に頼らず正常に戻したいと思いひかり堂さんで治療を受けるようになりました。4回目の治療後に2ヶ月振りに生理がきました。その次は50日くらいの周期で生理がきて、その次は35日で生理がきました。そして今回は32日の周期で生理がきました。生理不順も整ってきて、身体の調子もすごくよくなりました。

※個人の感想で成果を保証するものではありません。

生理痛とは?

 

生理痛は生理のある女性の7~8割が何らかの症状を感じているといわれています。

生理痛(月経痛)は、子宮の内側にある子宮内膜が子宮の壁からはがれ、膣を通って体の外に出ていく時に起こる痛みです。

妊娠の初期症状でも生理痛に似た痛みがでることもあります。
また、病気で生理時に強い痛みを起こす場合もあります。

生理痛とは

生理痛の主な症状

・下腹部痛、下痢     ・吐き気、食欲不振
・腰痛          ・だるさ
・頭痛          ・めまい
・胃痛          ・イライラ、怒りっぽい(PMS)
・歯痛          ・関節痛 etc

生理痛の原因

①プロスタグランジンの過剰分泌
生理中に分泌されるホルモンの一種であるプロスタグランジンは子宮を収縮させ子宮内膜がはがれる時の経血をスムーズに体外に押し出す働きがあります。
(プロスタグランジンの働きは陣痛促進剤として使われている)
このプロスタグランジンは痛みを強める作用や血管を収縮させる作用があるため過剰に分泌することで頭痛や肩こり、冷えやだるさ、吐き気などを引き起こします。

②子宮口が狭い(子宮の発達が未熟)
経血の出口である子宮口の周辺が硬くて狭いとプロスタグランジンが過剰に分泌され強い痛みが起こります。
子宮が成熟するとこの痛みは自然に弱くなります。

③緊張・ストレス
緊張やストレスが高い生活が続くと自律神経や女性ホルモンのバランスが乱れ、生理痛の症状が強まります。

④病気
子宮内膜症や子宮筋腫など、病気が原因で生理痛が強まる場合があります。

生理痛の治療

・子宮内膜症、子宮筋腫など病気が原因の場合は病気の治療をします。
・病気が原因でない場合は鎮痛薬・ホルモン薬(低用量ピル)で痛みを抑えるのが一般的

あなたは生理のたびに痛み止めを飲んだり、低用量ピルを飲み続けていきますか?

更年期障害

多くの40~50代の女性を悩ませる更年期障害。
これは女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌の急激な減少により身体とこころの両方に様々な症状を引き起こします。

更年期障害の主な症状

・ほてり、のぼせ
・むくみ
・大汗
・倦怠感、疲れやすい
・めまい、ふらつき、耳鳴り
・不眠
・頭痛、頭重感
・冷え
・うつ症状
・イライラ
・動悸
・不安感 etc

更年期障害の主な症状

更年期障害の原因

卵巣機能は30代後半から落ち始め、40歳を過ぎると急激に落ち始めます。
それに伴い、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲン量が急激に減少し、やがて閉経となります。
1.脳の視床下部からエストロゲンを分泌するよう指示が出て、その指示によって卵巣からエストロゲンが分泌される。
回復のプロセス
2.脳の視床下部からエストロゲンを分泌するよう指令が出るのに、卵巣機能が衰えてエストロゲンを分泌しづらくなっている。
回復のプロセス
3.脳と卵巣の指令系統のアンバランスによって、からだがパニック状態になってしまい、様々な不調が現れる

視床下部は自律神経を司る中枢でもある為、自律神経のアンバランスを引き起こし、ほてりや発汗、動悸、イライラ、不安などといった不調が現れる。

つまり、

ホルモンバランスの乱れと自律神経の乱れは、連動して起こりやすいのです!

更年期はエストロゲンがない状態に身体が慣れていくための移行期

それは永遠に続くわけではありませんので、鍼灸治療を受けながらうまく乗り切って頂きたいと思います。

当院では「更年期障害」は自律神経失調症のひとつととらえて治療を組み立てていきます。

不妊サポート

不妊でお悩みのあなたへ!

現在 不妊でお悩みのカップルは6組に1組といわれており、年々増加しています。
日本の不妊専門クリニックの数は世界一、そして高度生殖医療の技術も世界一です。
にもかかわらず、体外受精での妊娠率は30%台とそれほど高くなく、出産率となるとさらに確率は低くなり、10%台となってしまいます。

“不妊”は病気ではありません!

まず、あなたにしっかりと理解して頂きたいことは“不妊”は病気ではなくあくまで症状なのです。
“不妊症”であり、“不妊病”という病気はないのです。

不妊症の解決には体質改善が不可欠です!

不妊症の原因は

・毎日の食生活
・生活習慣の乱れ
・仕事などでのストレス

が大きな要因です

不妊症をの解決するには

体質を改善し、

卵子の質を高めること

 が絶対に必要です!
卵子の質を高めるためには
 
女性ホルモンバランスを

整えること

                     が最も重要です!

「女性ホルモンバランス療法をご存知ですか?


当院は東洋医学の理論の基づき、女性ホルモンバランスを整える効果の高い
「女性ホルモンバランス療法」
を行っています!

本来 生理は
・血塊のないサラサラの経血
・毎月順調に同じ周期で始まる
・生理前や生理時に痛みや不快感はない
・生理前にイライラせずに過ごせる
はずなのです・・・

痛みや不調のない順調な生理こそが健康だけではなく、女性にとって美しさやアンチエイジングにもつながっていくのです。

女性にとっての健康や美しさの必須条件、それが
女性ホルモンバランスです!!

女性ホルモンバランスが整うと

     ・つらい生理痛がなくなる
    ・生理周期が整う
    ・妊娠しやすい体質になる
    ・肌のはりやツヤがよくなる
    ・冷えが改善する etc

でも・・・

 ☆低用量ピルやHRT(ホルモン補充療法)といった薬には頼りたくない

 ☆自然で身体にやさしい安心・安全な治療を受けたい

とお考えなら・・・

女性ホルモンバランス療法
があります!

女性ホルモンバランス療法とは?

東洋医学の理論に基づき、女性ホルモンと関係のあるツボに、“刺さない鍼”を 使って触れる程度の軽い刺激を与えることで女性ホルモンのバランスを整えて いく、副作用のない、身体に優しい安心・安全な鍼灸治療です。
数回の治療でつらい症状が劇的に改善される方も多くいらっしゃいますが、 基本的には1週間に1回、3ヶ月程度継続して受診して頂くことで、ホルモン バランスが整い、つらい症状のない良い状態で安定してきます。

pricejhs

女性ホルモンバランス療法をお勧めする5つの理由

1.根本的に体質を改善することで女性ホルモンのバランスを整えていきます

2.東洋医学の理論に基づいた副作用の心配のない身体に優しい、安心・安全な治療です

3.「てい鍼」という刺さない鍼を使用しますので、鍼が苦手という方でも安心です。

4.現在受けられている不妊治療を続けながら受けて頂くことができます

5.女性特有のつらい症状を解消するだけでなく、美容面やアンチエイジングの効果も期待できます

ひかり堂は三重県で唯一の

   女性ホルモンバランス療法協会

(JHB協会) の認定治療院

jhb011




JHB協会実施の講習を受け、女性ホルモンバランス療法 のすべての治療技術をマスターし
「JHB協会認定治療師」
の資格を取得していますので 安心して受診してください。

女性ホルモンバランス療法協会

薬による一時しのぎではなく、
しっかりと根本から改善しませんか?

1日1名限定 女性ホルモンバランス療法プラス骨盤調整 通常1回6000円がなんと3回で2980円 電話0598-21-1781

なぜ、3回で2,980円なのか?

♡ 初回6,000円では試しに施術を受けるにはちょっと高い・・・
♡ 1回で効果がわかるだろうか?
♡ そもそも“女性ホルモンバランス療法”ってどんなことをするの?
あなたの不安は良くわかります。
この“女性ホルモンバランス療法”は基本的には1ヶ月に4回、3ヶ月程度受診 して頂くことで治療効果が高まり、ホルモンバランスが整い、体調が非常に安定してきます。

だから まず生理前に3回受けて頂き、その効果を実感して頂きたいのです。
その上で、その後3ヶ月しっかりと受診して頂きたいと思っています。
あなたにも、生理痛や生理不順、PMS、更年期障害などのつらい症状のない、健康的でイキイキとした、素敵な笑顔が溢れる毎日を送って頂きたいと思っています。

全国で喜びの声が増えています!

次はあなたの番です!

jhb07 jhb08 jhb09
jhb011 jhb012  jhb013
jhb010 jhb014