東洋医学からみた更年期障害

“ゆらぎ期の女性”の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は東洋医学から見た更年期障害についてお伝えします。

テレビのCM等でご存知の方も多いと思いますが、東洋医学では女性の身体の変化の節目を7の倍数で考えていきます。(男性は8の倍数)

 

中国最古の医学書と呼ばれている「黄帝内経」という書物には女性の身体の変化についてこんな意味のことが書かれています。

7歳 :歯が生え変わり、髪が長くなる

14歳:月経がはじまり、子供を産めるようになる

21歳:体が成熟し、背丈も伸びきる

28歳:髪の長さが極まり、筋骨がしっかりし身体が盛んになる

35歳:顔の色艶にかげりが出て、髪も抜け始まる

42歳:肌のつやが悪くなり、髪に白いものが混じり始める

49歳:身体が衰え、閉経を迎え子供はできなくなる(任脉虚、太衝脉衰少、天癸竭、地道不通。故形壊而無子也。)

 

49歳のところに「天癸」という言葉がでてきます。

天癸とは、成長や発育、月経、生殖機能を維持・促進させていくエネルギーであり、“腎気”(腎精)によって作られます。

女性は49歳頃にその天癸が尽きることで閉経を迎えるという意味です。

 

つい100年前でも平均寿命は50歳にも達していませんでしたので、60歳、70歳まで生きる女性の絶対数は少なかったと思います。

そんな時代には更年期や更年期障害という概念すらありませんでしたが、その年齢の時期のおこった様々な心身の不調に対して漢方薬や鍼灸が使われてきました。

 

更年期障害は、西洋医学的にはエストロゲンの分泌低下が主な原因ですが、東洋医学的には「腎」機能の低下(腎気の衰え)が要因であると考えていきます。

東洋医学では、更年期障害はこの「腎の機能低下」をいかに穏やかにしていくかということが根底にあります。

 

従って、当院でも更年期障害といわれる様々な症状の治療においては個別の症状は追わず、「腎」へのアプローチをメインにした治療を組み立てていきます。

 

そして、鍼灸治療には漢方と同様に多くのメリットがあります。

1.誰にでも使える(使ってはいけない人(禁忌))がない

2.使用時期(年齢・月経の有無)に制限がない

3.HRT(ホルモン補充療法)や漢方、サプリメントと併用できる

4.漢方との併用で相乗効果が期待できる

5.原因がはっきりしない様々な症状(不定愁訴)に強い

6.副作用がない

 

鍼灸治療で、更年期を迎えた女性のエストロゲンの分泌が増えることはないと思います。また副作用はありませんが、HRTほどの即効性はないと思います。

しかし、卵巣機能の急激な衰えによる心身の不調に対して、心とからだを穏やかに対応させていく効果は非常に優れていると思います。

 

5年後のあなたの健康のために、どうぞ安心して鍼灸治療を受けてみてくださいね。

骨密度の低下を防ぐ睡眠

 

”ゆらぎ期の女性”の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

今朝は寒かったですね。もう真冬かと思いました。

背中を丸め、うつむき加減で歩いている人が多かったですが、こんな時こそ胸を張って、上を向いて歩きましょうね。

 

さて、今日は骨密度の低下を防ぐ睡眠についてお伝えします。

更年期以降の骨密度の低下を防ぐには睡眠もとても重要となります。

質のよい睡眠からは、骨にとってとても大切な2つのホルモンが分泌されるのです。

1.メラトニン ⇒ 骨を壊す細胞である「破骨細胞」の働きを抑制する

2.成長ホルモン ⇒ 骨密度を高める

 

前回の「運動」のブログでもお伝えしましたが、メラトニンには破骨細胞という骨を壊す細胞の働きを抑える作用があり、朝にしっかり太陽光を浴びることでメラトニンの分泌は高まります。

成長ホルモンは骨や筋肉、肌などの修復や強化、新陳代謝の促進などの働きがあります。そして、成長ホルモンは22時~2時頃に最も分泌するといわれています。

つまり、朝にしっかりと太陽光を浴びて、午後11時頃には就寝し、6時~7時くらいに起きるという睡眠の習慣を身につけると骨密度の低下を穏やかにすることができるということです。

 

女性は50歳くらいから急激に骨密度が低下していきます。これは女性である限り避けては通れません。

しかし、この骨密度の低下を緩やかにすることはできるのです。

将来の骨粗鬆症のリスクを減らしていくためにも、食事・運動・睡眠という生活習慣をもう一度見直してみませんか?

2017年12月12日 | カテゴリー : 更年期 | 投稿者 : hikarido

骨密度の低下を防ぐ運動

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

今日は骨密度の低下を防ぐ運動についてお伝えします。

骨密度を低下を防ぐには

1.ウォーキング(1週間に4時間のウォーキング)

2.筋トレ (まずはスクワットから)

を継続することが理想です。

運動で骨密度の低下を防ぐポイントは骨に適度な刺激が伝わることです。

ウォーキングなどの運動を行うと、骨に微量の電流が流れ骨密度を上がることに繋がるといわれています。

骨に刺激を入れるためには水泳などの重力がかからない運動よりも負荷のかかりやすいウォーキングや筋トレがいいでしょう。

筋肉への負荷が骨にも伝わり、筋トレによって筋肉が修復されて強くなるのと同じメカニズムで骨も強化されていくのです。

どうしても時間が取れないという方は「孫の手などでかかとを叩く」だけでもしっかりと骨に刺激が伝わるといわれています。

3.日光浴

骨の強化に必要なカルシウムはビタミンDによって吸収率が上がります。

太陽光を浴びることでビタミンDが生成されますので、日焼けなどの心配はありますが、1日30分程度太陽光を浴びることは非常に大切です。

また、骨を壊す細胞である破骨細胞の働きを抑制するのに効果的なのが睡眠ホルモンの「メラトニン」です。

メラトニンは太陽光を浴びてから14~16時間後に分泌されるといわれていますので、朝にしっかりと太陽光を浴びるとメラトニンの分泌が高まります。

<まとめ>

更年期以降の骨密度の低下を防ぐには

朝7時~9時くらいに朝日を浴びながら毎日30分程度ウォーキングをすることが重要となります。

「筋トレ」や「かかとたたき」を組み合わせながら継続してやってみてください。

なかなか朝は忙しくて時間はとれないでしょうし、結果はすぐに目に見えて出るわけではありません。

でも5年後、10年後の身体のことを考えて是非少しづつ取り入れてやってみてくださいね。

継続は力なり ですよ。

 

 

 

骨密度の低下を防ぐ食事

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

今日は骨密度の低下を防ぐ食事についてお伝えします。

恥ずかしながら私は鍼灸の専門学校に入るまで骨といえばカルシウムでできていると思っていました。

しかし、骨はカルシウムだけでできているわけではないということを知りました。

<骨の成分>

・水 ⇒ 10~20%

・タンパク質(コラーゲンなど)⇒ 20~25%

・ミネラル(カルシウム・リン・マグネシウムなど) ⇒ 60~65%

簡単にいうと、水を除くと骨はカルシウムなどのミネラルとコラーゲン線維でできているということになります。

 

 

 

<必要な栄養素>

1.カルシウム (乳製品・大豆製品・小魚など)

2.マグネシウム (アーモンド・ひじき・サツマイモなど)

3.ビタミンD (鮭・サンマ・しめじ・干ししいたけなど)

4.ビタミンK (ホウレンソウ・ブロッコリーなど)

5.タンパク質・コラーゲン (肉類・魚など)

コラーゲン??

コラーゲンというと美肌など美容に重要な成分というイメージがありますが、骨密度・骨量においても非常に重要な成分です。

コラーゲンは骨の強度を支え、骨の細胞の活性化に重要な役割を持っています。

フカヒレやスッポンなどの高級食材というイメージがありますが、とんこつラーメンのスープや手羽先、鶏皮、ゼリーなどでも摂取できます。

また、マグネシウムやビタミンD、ビタミンKはカルシウムの吸収やカルシウムを骨に定着させるために重要な働きをします。

そしてカルシウムはリンと結合しリン酸カルシウムとして歯や骨をつくります。カルシウムとリンは一緒に摂取することでお互いの吸収を高めます。 

カルシウムとリンを1:1の割合で摂取するとカルシウムの吸収がよくなります。

しかし、リンを多く取り過ぎてしまうとカルシウムは吸収されにくくなるだけでなく、骨からも放出されるようになり、骨密度を低下させてしまいます。

 

問題はリンはインスタント食品やスナック菓子など加工食品に多く含まれているため、過剰摂取になりやすいということです。

現代の食生活ではカルシウム不足とリンの取り過ぎになりやすい傾向にあります。

結局のところ、偏食をせず、好き嫌いなく色々な食材を食べるということが大切だということですね。

この時期からは肉や魚、野菜と色々な食材を一緒に食べれるお鍋料理がいいですね。

家族や友人とワイワイ・ガヤガヤ、笑顔いっぱいでお鍋を囲むとさらに効果が上がるかもしれませんよ。

 

それでも気になる方にはサプリメントで補うという方法もいいと思います。

ただ、それも過剰摂取にならないように注意してくださいね。

 

次回は骨密度を高める運動についてお伝えします。

45歳以降の骨密度の低下を防ぐ方法とは?

“ゆらぎ期の女性”の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

前回のブログで、更年期以降の女性はエストロゲンの分泌低下によって骨密度が低下しやすいカラダになり、骨粗鬆症のリスクが高まるとお伝えしました。

しかし、更年期以降に骨密度を上げていくことは難しいですので、いかに骨密度の低下を緩やかにしていくかが重要となってきます。

 

骨密度の低下を予防するためには規則正しい生活習慣に変えていく必要があります。

1.食事

2.運動

3.睡眠

「なんだ、そんなことか」と思われた方も多いかもしれません。

しかし、「食事」・「運動」・「睡眠」に注意し生活習慣を改善することは骨密度の低下を防ぐ上で非常に重要になってきます。

 

あなたが骨粗鬆症になりやすい生活習慣かどうか一度チェックしてみて下さい。

・牛乳やヨーグルトなどの乳製品をあまりとらない           はい・いいえ

・納豆や豆腐などの大豆製品をあまりとらない             はい・いいえ

・スナック菓子などをよく食べる                   はい・いいえ

・タバコを吸う                           はい・いいえ

・お酒をよく飲む、ほぼ毎日飲む                   はい・いいえ

・運動をあまりしない、日常生活で身体を動かすことが少ない      はい・いいえ

・糖尿病や胃・腸の手術を受けたことがある              はい・いいえ

・母親や祖母などに骨粗鬆症の人がいる                はい・いいえ

・ステロイド剤を服用している                    はい・いいえ

・偏食が多い、無理なダイエット(食事制限)をしている        はい・いいえ

・睡眠時間が少ない(1日6時間未満)                はい・いいえ

・ストレスを感じることが多い                    はい・いいえ

・閉経を迎えた                           はい・いいえ

 

上記のチェック表は公的な期間のものではありませんが、「はい」の数が多いほど骨粗鬆症になるリスクが高いといえます。

更年期以降の健康や美容は何もせずに手に入れるということは残念ながらできません。

少しの意識付けや努力を毎日継続していくこと以外にないのです。

そしてその努力は骨密度の低下を防ぐということだけでなく生活習慣病をはじめとする様々な病気の予防やアンチエイジングにつながっていきます。

次回は骨密度の低下を防ぐ食事についてお伝えします。

 

エストロゲンと骨密度の関係

”ゆらぎ期の女性”の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

今日はエストロゲンと骨密度の関係について」お伝えします。

更年期、特に閉経後の女性にとって大きなリスクのひとつに「骨粗鬆症」(こつそしょうしょう)があります。

骨粗鬆症とは、骨の密度が低下して骨の中がスカスカになってもろくなりちょっとしたことで骨折しやすくなる病気です。

骨粗鬆症になる人の割合は年齢が高くなるほど上がります。

☆ 50歳代女性 9人に1人

☆ 60歳代女性 3人に1人

☆ 70歳代女性 2人に1人

といわれており、高齢者だけの病気ではないのです。

 

私は骨は変化しないようなイメージがあったのですが、実は骨も髪や肌と同じように常に生まれ変わっています。

古い骨を破壊する「破骨細胞」と新しい骨を作る「骨芽細胞」という細胞がバランスを取り合って新陳代謝を繰り返しながら新しい骨に生まれ変わっていきます。

そしてその「骨の新陳代謝」にとって女性ホルモンのエストロゲンが大きく関わっています。

エストロゲンが減ると「破骨細胞」の働きが盛んになり、骨を作る働きの「骨芽細胞」の働きが追い付いていかなくなり、骨量が減りスポンジのようなスカスカになっていくことで骨折のリスクが高まります。

50歳以降の男女の骨密度の平均的な低下率は

男性→1年に1%程度減少していく

女性→1年に2%程度減少していく       

 といわれています。

女性はなんと男性の2倍の速さで骨密度が低下していくのです!!

圧倒的に女性に骨粗鬆症が多いというのも納得ですね。

骨密度の測定はいくつかの検査がありますが、その測定結果の基準指標として「YAM」という数値を指標にします。(20~44歳までの健康女性の骨密度の平均値)

<YAMの基準表>

(YAMの数値の範囲)        (骨密度・骨量状態)

・90%以上              正常範囲・優良

・80%以上~90%未満        正常値

・70%以上~80%未満        危険信号・骨量不足

・70%未満               骨粗しょう症の可能性

 

先日 私と同年代の53歳の女性(Aさん)が来院されましたが、お話を聞く中で3年前に転倒して腕を骨折した時に「骨粗しょう症」と診断され現在も薬を服用しているそうです。(Aさんは46歳で閉経を迎えたとのことでした)

 

骨粗しょう症は更年期以降の女性にとってはとても身近な病気ですので、定期的に骨密度の検査も是非受けるようにしてくださいね。

 

更年期におすすめサプリ ”エクオール”

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

更年期の症状はそれほどひどくはないけど、なんだか調子悪いとか、これからのことが心配という理由でサプリメントや健康食品を試されている方も多いと思います。

命の母とかルビーナ、高麗美人、養命酒など我々男性でも聞いたことがある商品がたくさんあります。

その中でも今注目されているのは多くの婦人科医も推奨されている「エクオール」

 

ご存知の方も多いと思いますが、納豆や豆腐など大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」という成分は女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするといわれています。

実際には大豆イソフラボンが腸内細菌によって「エクオール」という成分に変換されることで「エストロゲン」に似た働きをするのです。

エクオールには多くの働きがありますが、ゆらぎ世代の女性の健康維持にとって嬉しいことがあります。

<エクオールの4つの効果>

1.更年期のつらい症状を和らげる効果(ホットフラッシュ、頭痛、めまい、不眠・不安感、肩こりなど)
2.動脈硬化や高血圧、脂質異常などメタボリックシンドロームの予防効果。

3.骨粗しょう症の予防と改善の効果(骨密度の減少を抑える)
4.シミの改善や美白等肌への作用(からだの酸化防止効果)

 

ただ、残念なことに一生懸命大豆製品を食べて、大豆イソフラボンを摂取してもエクオールに変換できる方は2人にひとり、つまり50%の方はエクオールに変換できないのです。

 

では、エクオールを作れない人はどうすればいいのか?

このエクオールはサプリメントとして補うことができます。

多くのメーカーからエクオールを含んだ商品が販売されています。

どの商品がいいとか悪いとかの評価は私にはできませんが、個人的には大手メーカーの大塚製薬さんの「エクエル」という商品をお勧めしています。

数年前にエクオールという成分のことで少し疑問な点があり、失礼ながら大塚製薬さんに直接問い合わせをしたことがありました。

そうしたら、なんとエクエルの担当者さんがわざわざ当院まで来院頂き丁寧に説明をして頂きました。

なんの取引関係もない、田舎の鍼灸院まで。

そんなご縁もあり、エクオールのサプリメントについて患者さんから質問があった時には「エクエル」をお勧めしております。

(エクエルは通販、もしくは一部の婦人科、調剤薬局のみでの販売だそうで当院での販売もしておりません)

 

当院では鍼灸治療に加え、漢方やこの「エクエル」の服用での相乗効果についてもご提案をさせて頂いています。

あくまで「エクオール含有食品」ですので、薬のような副作用がないのが大きな魅力だと思います。

1年後・3年後・5年後も健康で美しくいたいという方はエクエルの服用も検討してみてはいかがでしょうか?

 

更年期障害に処方される代表的な3つの漢方薬

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は更年期障害によく使われる代表的な3つの漢方薬についてお伝えします。

前回 当院に来院されている患者さんの40%ほどの方が漢方を飲んでいるとお伝えしました。

しかし、「何を飲まれていますか?」とお聞きすると、「名前はちょっとわからない」とお答えになる方が結構多くいらっしゃいます。

ところが、「何番ですか?」とお聞きするとすんなりとお答えできる方が多いなと感じています。

ご存知の方も多いと思いますが、病院で処方される漢方薬には番号がついています。

これは漢方薬の名前が難しく覚えにくいために、ミスがおこらないように番号管理するようになったといわれています。

またメーカーによって番号が違うとさらに混乱してしまうので、基本的に病院で処方される漢方薬の番号は各社共通となっています。

更年期障害の様々な症状に対しては以下の3つが代表的な漢方薬として処方されています。

①当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん No23)

体力が虚弱で、冷え症、むくみ、貧血傾向、疲れやすい方

②加味逍遥散(かみしょうようさん No24)

体力が中等度以下で、のぼせ感、肩こり、疲れやすい、精神不安、イライラ、不眠などがある方

③桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん No25)

比較的体力があり、肩こり、頭痛、めまい、のぼせ、足が冷えるなどの症状のある方

 

「23番・24番・25番は更年期障害」 覚えやすいですね。

 

また、以下の漢方薬も比較的多く処方されています。

☆五積散(ごしゃくさん No63) - 体力中等度で冷えがある

☆温経湯(うんけいとう No106) - 体力中等度以下で、手足がほてり、唇がかわく、不眠など

☆温清飲(うんせいいん No57) - 体力中等度で、皮膚がかさかさして色つやがわるい、のぼせ

 

いずれも同じような症状のようですが、東洋医学の場合はその方の体質や体格、症状の現れ方、生活習慣など考慮し、「証」というものを立てていきます。(鍼灸の場合も同様に証を立てて、使うツボを決めていきます)

「証」とは簡単にいうと西洋医学の「診断」や「初見」ということです。

西洋医学の場合は、診断名が決まれば処方する薬もほぼ決まっていますが東洋医学の場合は同じような症状でも「証」によって漢方薬が変わります。

そして漢方薬はその人にぴったりと合う場合となかなか改善がみられない場合があります。症状の改善がみられない場合も比較的多いため他の漢方薬に変えたりしながら最適の漢方薬を探っていくこともあります。

1週間服用して症状が全く変わらなければ、漢方が合っていない可能性がありますので、遠慮せずにお医者さんに相談してください。

 

そして漢方を処方されたら、「私の証はなんですか?」と聞いてみることをお勧めします。

しっかりと説明してくれたら、東洋医学にも詳しいドクターだとわかりますよ。

 

 

 

 

更年期障害と漢方

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は更年期障害と漢方の治療についてお伝えします。

当院にご来院頂いている患者さんは30代後半~50代前半のいわゆる“ゆらぎ期の女性”が多いのですが、その中のおよそ40%くらいの方が漢方を服用されています。

そして、その割合は自分のイメージよりもはるかに多いと感じています。

 

お聞きすると

・最初はHRT(ホルモン補充療法)をやっていたが、吐き気や食欲不振などの副作用がきつかったのでやめて漢方にかえてもらった

・婦人科医から漢方をすすめられた

・HRTは直接ホルモンを補充するので身体にとって不自然なイメージがあり漢方を選んだ

などのお答えを頂きました。

 

漢方はからだにやさしく、おだやかに効いていくようなイメージがあると思いますが実際のところはどうでしょうか?

<漢方のメリット>

1.誰にでも使える(使ってはいけない人(禁忌))がない

2.使用時期(年齢・月経の有無)に制限がない

3.HRTと併用できる

4.原因がはっきりしない様々な症状(不定愁訴)に強い

5.HRTに比べると副作用が少ない(ゼロではありません)

 

<漢方のデメリット>

1.エストロゲンの不足が直接関係している症状(膣の乾燥感・性交痛など)にはあまり効果がない

2.ホットフラッシュの効果はHRTに劣る

3..効果の発現がHRTに比べると穏やかである

 

漢方はHRTに比べ「使いやすい」ことが最も大きな特徴です。

体質に合わせて漢方の種類を選びますので、乳がんや肝機能障害の既往歴があってもよほどのことがないかぎりどんな方でも使えます。

また、HRTとの併用もできることも大きなメリットといえます。

HRTで短期的に症状を軽減し、その後は漢方で体質を改善させていくといった治療も行うことができます。

 

婦人科のドクターは漢方も積極的にお使いになる先生が多く、保険適用の場合が多いですので、色々なお悩みをしっかりと相談しながらあなたにあった最善の治療法を選択していってくださいね。

低用量ピルとHRTの違いは?

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

今日は低用量ピルとHRT(ホルモン補充療法)との違いについてお伝えします。

20代、30代から低用量ピルを使用されている方も多いかと思います。
低用量ピルは毎月の女性ホルモンの変動をなだらかにし生理周期を安定させることで

 ・ひどい生理痛
・月経前症候群(PMS)
・子宮内膜の増殖をおさえる(子宮内膜症の予防)
・排卵をおさえる(避妊薬として使用)

 などの治療薬として使われています。

低用量ピルはエストロゲンと黄体ホルモンの混合剤ですので、ホルモン補充目的で使用することも可能です。

<ピルとHRTの違いは?>

低用量ピルとHRTとの大きな違いは含まれているエストロゲン量です。
低用量ピルはエストロゲン量がHRTの5倍前後あり、卵巣機能が急激に衰えてきた更年期世代の女性には多すぎると考えられています。

HRTは必要最低限のホルモン補充をすることで急激な卵巣機能の低下をゆるやかにして、身体を閉経後のホルモン環境に適合させていくサポートをする治療です。

したがって多量のエストロゲン補充は逆にからだに負担をかけてしまい、乳がんや血栓症のリスクを高める可能性があります。

 特に40歳以上の喫煙者が服用すると血栓症のリスクが非常に高くなるといわれています。

 

<低用量ピルはいつまで続けていいの?>

 30代前半くらいから低用量ピルを飲み続けている方は、ホルモン値を検査するなど今の卵巣機能の状態を把握し、専門医と相談しながら低用量ピルからHRTに切り替えていく必要があります。
 
初めての方の場合は、30代半ばくらいからの”プレ更年期”の時期はまだ卵巣機能が著しく低下していないことが多く、頭痛、めまい、のぼせ、寝汗などの自律神経症状はホルモンバランスの乱れが要因の可能性が高いため低用量ピルを勧める専門医が多いようです。

 一般的には、低用量ピルの使用は45歳くらいまで、45歳以上になったらHRTを選択することが望ましいといわれています。