急に手汗がでてくるんです・・・

当院には頭痛やふわふわめまい、耳鳴り、不眠、急な動悸・不安感、喉のつまり、胃の不調などいくつものつらい症状が同時に起こっている患者さんが多く来院されます。

病院で検査を受けても時に異常はなく、いわゆる”自律神経失調症”という診断をされます。

その中で「最近ひどい手汗をかくようになった」という症状もとても多い症状のひとつです。

車を運転していて信号待ちや渋滞になってきた時、人混みの中に入った時、電車に乗った時などに今まではなかった手汗をかくようになってきたというケースです。

 

「手に汗握る○○」という言葉があるように緊張や興奮した時は手に汗をかきやすくなります。

これは、汗を分泌する汗腺は自律神経の交感神経によってコントロールされており、緊張などによって交感神経が高ぶると汗をかきやすくなるからです。

そして、この交感神経が高ぶった状態が続くことで、精神的な緊張や興奮がそれほど強くなくても手に汗をかいてしまうという症状が起こってくるのです。

 

東洋医学では汗は“気”の働きによってコントロールされていると考えており、気の働きが弱っている「気虚」という状態では汗をかきやすくなります。

そして精神面をコントロールする“心”という臓器と密接に関係しています。

ですので、鍼灸治療では気の巡りを良くし、精神を落ち着かせる働きのあるツボを中心に刺激を入れ、自律神経を整えていきます。

 

もし緊張や不安で手汗をかいてきた時はこのツボを押してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

<労宮(ろうきゅう)>

場所 手のひらの真ん中で、手を握った時手のひらに触れる中指と薬指の間。

このツボは精神を整えて疲労やストレスを軽減する働きがあり、緊張や不安が要因の手汗に効果があります。

 

今まではなかった手汗はいわゆる“自律神経失調症”の代表的な症状のひとつです。

手汗の改善にも鍼灸は非常に効果があります。

当院でも手汗の症状はほんとんどの方が改善していきます。

昨日来院されたAさん(女性・43歳)も喉のつまりや頭痛・肩こり・吐き気、動悸そして手汗という症状がありました。

4回目の来院でしたが、喉のつまりと吐き気、そして手汗の症状はほとんどなくなったとのことでした。

 

やはり鍼灸治療は「気・血・水の巡り」をよくして自律神経を整え、自分が持っている治る力(自然治癒力)を高めていく治療であるとあらためて感じました。

だから、様々な症状が同時におこってくる”自律神経失調症”に非常に効果があるのです。

自律神経の乱れによる不調でお悩みなら鍼灸治療をどうぞ。

 

「頭にくる!!」って何がくるの?

突然ですが最近何か頭にきたことはありますか?

怒りの感情の表現のひとつとして「頭にくる」っていいますよね。

先日ある患者さんが「旦那がパチンコで5万円も使ってきたんです。もう頭にきて、来月の小遣いはなしにしてやります!!」という話をしてくれました。

それは頭にきますよね。

それで、その患者さんから「頭にくるって何がくるんですかね?」って聞かれました。

そんなこと考えたこともなかったですが、こんな風にお答えしました。

東洋医学では「怒り」の感情は「肝」という臓器の働きを悪くし、「気」や「血」の巡りが滞ると考えています。

そして、「気」や「血」は怒りなどで熱が加わると上に昇る性質があります。

怒っている時は「気」や「血」が上に上ったまま滞ってしまっている状態にあります。

同様の表現で「頭に血がのぼる」といったりしますので、何がくるのかといえば、「気」や「血」が頭に向かって上ってくるのではないかと思います。

たしかに頭にくることがあると、身体に力が入り、頭の方になにか上ってくるような感覚がありますね。

これは自律神経の交感神経が一気に緊張し、身体に力が入り、血管が収縮し、呼吸も早くなるためにおこる身体の自然な反応なのですよとお答えしました。

患者さんは「ふ~ん」と言ってそれからなんともいえない空気になりました・・・

 

ということで、頭にきた時はこのツボを押してみて下さい。

 

<太衝(たいしょう)>

場所は足の親指と人差し指の骨の合わせ目あたり。ストレスなどで滞っている身体の気血の流れを改善します。

ここを押してかなり痛いと感じる方は相当ストレスがたまっています。

足の甲に垂直に押してください。(1回5秒、3~5回 左右とも)

終わったあとは結構すっきりとしますよ。

 

何かと頭にくることも多いですが、うまく受け流して極力ストレスを溜めない術を見つけてくださいね。

 

そういえば、頭にくると同様の意味で「腹が立つ」っていいますね。

何が立つのでしょうね?

 

 

自律神経と生理の関係

今日は自律神経と生理の関係について。

当院にも生理不順やPMS(月経前症候群),ひどい生理痛等でお悩みの患者さんが多く来院されます。

そんな患者さんの多くは強いストレスを抱えています。

ストレス → 自律神経の乱れ → 生理のトラブルという図式です。

自律神経と生理はどのような関係があるのでしょうか?

 

脳の中に自律神経の中枢である視床下部という場所があります。

この視床下部が身体に様々な指令を出し、自律神経のバランスを保っています。

そして女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌の指示もこの視床下部が出します。(視床下部→脳下垂体→卵巣に指令がでる)

従って過度なストレスなどにより自律神経が乱れると視床下部が正常に働かなくなり、女性ホルモンの分泌の指示が出せなくなってしまいます。

指示がなければ卵巣はエストロゲンやプロゲステロンを分泌できず、その結果排卵が起こらなかったり、生理が遅れたりといった症状がでてくるのです。

つまり自律神経と生理は密接に関連しているということです。

 

女性にとって生理は「心とからだの状態を映す鏡」といわれたりします。

生理のトラブルはすべてストレスが要因ということはありませんが、ストレスに大きな影響を受けるということは間違いありません。

 

過度なストレスを受けないことが重要ですが、これは自分ではコントールできません。

(ストレスを受けてもそれを受け流す術を身につけている方はいいのですが・・・)

生理痛とは

鍼灸治療は生理のトラブルについても非常に効果があります。

最近では、不妊治療のカウンセラーさんも、患者さんに対して積極的に鍼灸治療の受診を勧めていらっしゃいます。

それは副作用の心配なく安全に自分自身の力で自律神経を整え、女性ホルモンバランスを改善していくことに優れていることが認知されてきたからでしょう。

私は、鍼灸治療はおそらく女性の健康(生殖機能を高める)のために発展してきたのではないかと思っています。

生理の不調でお悩みなら、鍼灸治療も選択肢にいれてくださいね。

 

 

2018年10月15日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido

自律神経と感情の関係

自律神経と感情はどのような関係があるのでしょうか?

自律神経について患者さんから聞かれるとこんな説明をします。       

・一時的な怒り  ⇒  交感神経緊張

・びっくりする   ⇒  交感神経緊張

・不安、恐怖   ⇒  交感神経緊張

・悲しい      ⇒  交感神経緊張

・継続的(慢性的)な怒り ⇒    交感神経・副交感神経ともに緊張

・継続的(慢性的)な不安や恐怖 ⇒交感神経・副交感神経ともに緊張

・重度のうつ状態は交感神経も副交感神経も働きが鈍い

 

自律神経が乱れる最大の要因はストレスです。

ストレスの種類はいくつかありますが、やはり最大のストレスはメンタルストレスです。

上の表のように「怒り」や「不安」など感情が動くと基本的に交感神経が緊張します。

交感神経が緊張するとからだにも反応が起きます。               

・心拍数が上がる   ⇒  交感神経優位               

・呼吸が速くなる    ⇒  交感神経優位          

・血圧が上がる    ⇒  交感神経優位         

・筋肉が凝る  ⇒  交感神経優位

・鳥肌がたつ   ⇒  交感神経優位

・手汗をかく   ⇒  交感神経優位

・血管が拡がる ⇒  副交感神経優位

・胃腸の働き   ⇒ 副交感神経優位                          

・休息・睡眠   ⇒  副交感神経優位                            

・お腹がすく  ⇒  副交感神経優位                            

・排泄(おしっこやうんち) ⇒ 副交感神経優位

・朝~夕方  ⇒  交感神経優位         ・夜  ⇒  副交感神経優位

・晴れ  ⇒   交感神経優位         ・雨  ⇒  副交感神経優位

 

 

例えば車を運転中に道路の横からネコが飛び出してきて、慌てて急ブレーキを踏んだとします。

ネコちゃんは何事もなかったようにスタスタと去っていきました。

ほっとした半面、心臓はバクバク、鳥肌がたって、手汗をかいてしまいますよね。

この状態は交感神経が緊張しておこったからだの反応です。

でもしばらくすると元通りの脈拍、呼吸、血圧に戻ります。

交感神経が優位になりすぎると副交感神経が働いてバランスを取っていきます。

これが自律神経の働きです。

そして、自分の意思とは関係なく無意識の状態で行われています。

 

一時的なストレスにさらされた場合はからだの反応はすぐに元に戻ります。

しかし、継続的(慢性的)にストレスを受け続けると、常に交感神経が緊張し、それを戻そうと副交感神経が働きっぱなしという状態になってしまいます。

 

車で例えるとアクセルを踏み込みながら一生懸命ブレーキをかけているような状態。

こんな状態では心にもからだにも様々な症状がでてくるのは当然ですよね。

 

頭痛やめまい、不眠、胃腸の不調、動悸、肩こり・・・

あなたの症状のはじまりはメンタルストレスからなんです。

 

とお話すると納得して頂く方が多いです。

 

 

 

2018年10月9日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido

自律神経と台風

 

また今週も台風が通過していく予報ですね。

今回は本州に上陸する可能性は低いようですが、どうか大きな被害がでませんように・・・。

 

今年は例年以上に台風の影響による体調不良を訴える患者さんが多いように感じます。

頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、肩こりなどの症状が特に多いです。

 

なぜ台風が接近すると体調不良を訴える患者さんが増えるのでしょうか?

 

それは「低気圧」の影響による自律神経の乱れが要因です。

雨が降るとということは低気圧の状態となっています。

低気圧だと人間の身体は基本的には副交感神経優位の状態になりやすくなります。

副交感神経優位の状態ならいいのではないかと思うかもしれませんが、朝から日中、夕方までは交感神経が少し優位になっているため活動的に過ごせるのです。

雨の日はなんとなくだるいとかやる気がでない、憂うつだと感じる方が多いと思いますが、それは交感神経の働きが鈍っているからなのです。

 

人間には環境が変化しても常に身体の状態を一定に保とうとする能力がありますが、低気圧の影響で交感神経と副交感神経のバランスを最適な状態に保てなかったり、切り替えがうまくできない時に自律神経が乱れます。

 

そして台風時は普段の雨のときよりもさらに気圧が低い状態になるため、いつも以上に自律神経が乱れやすくなり様々な不調がおこってくるのです。

 

最近では、低気圧の影響を受けやすい人は気圧の変動に対して耳の「内耳」が敏感(過敏)なのではないかといわれるようになってきました。

 

<低気圧時の対処法>

①耳をマッサージする

耳を上下左右に軽く引っ張ったり、回したりすることで、内耳の血流循環がよくなります。

 

②「内関」(ないかん)というツボを押す

手首のしわから指3本分下、2本の腱と腱の間にあります。

この「内関」は乗り物酔いやつわりの特効ツボといわれており、低気圧時の症状緩和にも効果があります。

 

指の腹やつまようじの反対側(丸い部分)などで1回に5秒くらい、3回~5回くらい押してください。(左右共に)

 

台風時に様々なつらい症状は出る方は一度試してみてください。

今回の台風は楽に過ごせるかもしれませんよ。

2018年10月5日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido

鍼灸治療で太るの?痩せるの?

関東から東北は台風ですね、どうか大きな被害がでませんように・・・

しかし東海~西日本は今日も酷暑です。

本当に毎日暑いですね、というか異常な暑さが続いていますね。

こんな暑さが続くと食欲をなくしている方も多いのではないでしょうか?

しかし、

「鍼灸治療を受けるようになってすごく食欲がでて、よく食べるようになりました。今までならちょっと食べ過ぎるとお腹をこわしていましたが、最近はお腹をこわすことがなくなりました」

「先生 3ヶ月で5kg太りました」

「6ヶ月で8kg体重が増えました」

こんな患者さんが多くいらっしゃいます。

(大半の方はやせ型で標準体重よりも軽く、胃腸の調子が悪い)

逆に

「1ヶ月で3kg痩せました」

「何もダイエットとかしていないのに、3ヶ月で7kg痩せていました」

こんな声もたくさん頂きます。

 

 

 

鍼灸治療を続けていくと太るのでしょうか?痩せるのでしょうか?

 

答えは・・・・ 両方です。

鍼灸治療は自律神経を整える効果に優れています。

そして内臓の働きは自律神経に大きな影響を受けます。

 

従って食欲がなくて、食べすぎるとすぐにお腹をこわしてしまう方が鍼灸治療を続けていくと胃や腸の働きがよくなり、食欲が増し、栄養をしっかりと吸収できる状態になっていくのです。

ほとんどの方は食べる量が増え、体重が増えたことを喜んでいらっしゃいます。

 

痩せていく方も同様に胃腸の働きがよくなり、血流やリンパの流れも改善していくことで便秘やむくみが解消し、排泄が活発になっていきます。

そして結果として、体重が落ちていくということになります。

 

鍼灸はその方の身体の状態に応じて、自分自身の力で最適な状態にしていくのです。

 

実は今日8月9日は「はりきゅうの日」なんです。

ちなみに4月9日は「しんきゅうの日」。

日本の鍼灸治療の受療率(鍼灸を受けたことのある割合)はなんと8%前後らしいです。(100人に8人程度しか鍼灸治療を受けたことがない)

 

この酷暑の夏にあらためて鍼灸治療の魅力を感じながら、ひとりでも多くの方々が鍼灸治療を当たり前に受けて頂けると嬉しいです。

暑さと自律神経の関係

 

毎日暑いですね・・・

日本はどうなってしまったのでしょうか、とにかく暑過ぎますよね。

まだ7月ですが、もうバテていませんか?

 

 

今日は暑さと自律神経の関係についてお伝えします。

自律神経は呼吸や脈拍、体温調節、胃腸の働きや睡眠、食欲、ホルモンの分泌などをその時々の環境や状態に対応し、無意識の中で調節しています。

 

自律神経が乱れる最大の要因はストレスですが、暑さは心身に大きなストレスとなります。

特に今年のような酷暑になるとストレスはさらに大きくなります。

 

そして暑さというストレスによって自律神経は乱れ、様々な症状がおこりやすくなってしまうのです。

<身体面の主な症状>

頭痛・頭重感・めまい・耳鳴り・動悸・肩こり・食欲不振・胃腸障害・睡眠障害・疲労感・倦怠感・・・

<精神面の主な症状>

イライラ・怒り易くなる・焦燥感・不安感・精神不安定・集中力や意欲の低下・・・

これらの症状はほとんどが自律神経のバランスが乱れ、交感神経の過緊張によっておこってきます。

熱中症は自律神経のコントロールがきかなくなった状態といえます。

以前お伝えしました東洋医学の独特な考え方である「五行論」の「五気」という季節の気候特徴からみると、「暑さ」は「心」に影響を与え、精神的な不調がでやすくなると考えられています。

風 → 肝

暑 → 心

湿 → 脾

燥 → 肺

寒 → 腎

 

また、日常生活の中でも、例えば電車通勤の方の場合

・家から駅まで徒歩  → 暑い

・電車の中の冷房   → 快適or寒い

・駅から会社まで徒歩 → 暑い

・会社の中の冷房   → 快適or寒い

暑いと寒いの繰り返しで自律神経は体温や汗の調節などでフル稼働していますからもう大変です。

 

当たり前すぎて申し訳ありませんが、こんな時期こそ、規則正しい生活習慣を心掛けることが重要となってきます。

・バランスのよい食事

・適度な運動

・良質な睡眠

によって健康な心身がつくられるのです。

 

食欲が落ちて、暑くて身体も動かしたくない、そして夜もよく眠れない・・・

それでもちょっとだけ、少しだけ意識してみてください。

少しの意識付けで行動に変化がでてきます。

 

まだまだ当分暑さは続きますが、頑張って乗り切っていきましょう。

2018年7月19日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido

梅雨時に多い”耳鳴り・難聴・耳閉感”

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

6月ももう下旬となりましたが、6月はめまいや耳鳴り・難聴・耳閉感といった“耳”に関連する症状を訴える患者さんが一気に増えました。

毎年梅雨の時期はめまいや耳鳴りなど“耳”の不調の患者さんが増えますが、今年は例年以上に多かったです。

耳鳴りや耳閉感は本人にしかわからないつらい症状で、イライラが募り、不眠など他の症状もおこってくる方が多いです。

なぜ梅雨の時期は“耳鳴り・難聴・耳閉感”といった症状が増えるのでしょうか?

 

それは「低気圧」の影響による自律神経の乱れが要因です。

 

雨が降るとということは低気圧の状態です。

低気圧だと人間の身体は副交感神経優位の状態になりやすくなります。

副交感神経優位の状態ならいいのではないかと思うかもしれませんが、朝から日中、夕方までは交感神経が少し優位になっているため活動的に過ごせるのです。

雨の日はなんとなくだるいとかやる気がでない、憂うつだと感じる方が多いと思いますが、それは交感神経の働きが鈍っているからなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<低気圧で”耳”の症状がでやすい理由>

①副交感神経優位になり、細胞や血管が膨張し神経(特に内耳)を圧迫する

②膨張した血管を元に戻そうと交感神経が働き過ぎ、逆に血管が収縮しすぎて血流が悪くなる

 

人間には環境が変化しても常に身体の状態を一定に保とうとする能力がありますが、低気圧の影響で交感神経と副交感神経のバランスや切り替えがうまくできない時に自律神経が乱れるのです。

 

普段からストレスが多かったり、不規則な生活が続いていたりすると、今までは多少の気圧の変動や気温差などの環境の変化に対応できていた心身が対応しきれなくなって症状があらわれてしまいます。

 

多少の気圧の変動があっても自律神経を乱されないよう、梅雨時こそ生活習慣を見直していきましょう。

そして、あまりに症状がつらい場合は、自律神経を整える鍼灸治療を受けてくださいね。

 

 

2018年6月25日 | カテゴリー : 自律神経 | 投稿者 : hikarido

スマホ首のセルフケア

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

前回はスマホ首が肩首こりだけでなく、自律神経を乱す要因になることをお伝えしました。

 

今回はスマホ首のケアについてお伝えします。

 

まず、スマホ首(ストレートネック)になってしまうと、そう簡単には本来の前弯(カーブのついた)首には戻りません。

しかし、毎日のセルフケアによって今以上に悪化させず、そして少しづつ本来のカーブを取り戻していくことができます。

 

<自宅でできるセルフケア>

①タオル枕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※写真はバスタオルではありません)

 

バスタオルをクルクルと棒状に丸め、首に下にいれて3分~5分ほど寝る。

タオルの高さで首にカーブがつけていきます。

(※このタオル枕で眠らないようにしてください。逆に首を痛める場合があります)

 

②首のストレッチ(上向き・横向き(左右)・側屈(かしげる)

長時間うつむいた状態で固定されている筋肉をストレッチすることで、首の動きを取り戻していきます。

からだの軸を動かさないようにして、上向き・横向き(左右)・側屈(左右)それぞれ10秒づつくらいキープしてください。

 

③スマホは目線の高さで操作する

スマホを操作する時は、うつむかずに、背筋を伸ばして目線の高さでやってみてください。

自宅にいる時などあまり人目が気にならない場所の時は是非やってみてください。

 

 

何度もお伝えしておりますが、スマホ首は単なる肩こりや首こりだけでなく、自律神経症状やメンタル疾患の要因になるほどの重大な状態です。

 

放置せずに、毎日少しだけケアすることが、1年後、3年後、5年後のあなたの健康につながっていきます。

 

1日5分だけスマホ首のケアに時間をとってあげてくださいね。

スマホ首が自律神経を乱す?

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

先日久しぶりに電車に乗りました。

ドア付近に立って、スマホでニュースを検索したりしていて、ふと顔を上げると車内にいた全員がスマホを見ていました。

座席の人は全員 うつむきの姿勢でした。

「これではスマホ首(ストレートネック)になるわなぁ」とあらためて実感しました。

 

ということで今日は最近よく耳にする「スマホ首」について。

人間の首は本来はS字カーブになっていて、頭の重みをうまく吸収する構造になっています。

それが、長時間のスマホ使用やパソコン使用によって、寝ている時間以外はほとんどうつむいているような生活になっている方が多くいらっしゃいます。

 

そんな生活を続けているうちに首のS字カーブがだんだんとまっすぐな状態になっていきます。

これをストレートネックと呼んでいます。

 

ストレートネックになると、頭の重みをまともに頚椎が受け止めることになり、首回りの筋肉や神経に大きな負担が掛かります。(頭は身体の約10%弱ほどの重みがあります)

 

首や肩に負担がかかる

筋肉が疲労する

首・肩などの血流が悪くなる

首・肩の筋肉が固くなる

さらに血流が悪くなる

痛みや痺れを感じるようになる

 

 

しかし、実はそれだけではありません。

首の血管や神経が圧迫されることで

・筋緊張型頭痛・片頭痛

・めまい

・耳鳴り・難聴

・動悸、息苦しさ

・イライラ、不安感、抑うつ感などメンタル症状

などいわゆる自律神経の不調による症状につながっていきます。

 

つまり、スマホ首は自律神経失調症の原因となるのです。

 

当院には肩首こりだけでなく、上記のような自律神経症状でお悩みの方が多く来院されます。

そして、その大半の方はストレートネックや首のこり、緊張があります。

最近では「頚性神経筋症候群」という病名?があるほど、首が注目されています。

あなたの不調はスマホ首が原因かもしれません・・・

あなたは首のケアをされていますか?

 

次回はスマホ首のケアについてお伝えします。