“息を止める”と脳が活性化する?

“ゆらぎ期の女性”の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

前回は過呼吸発作が起こった時の対処法として、「息を止める」という方法をお伝えしました。

この「息を止める」ことを深呼吸と組み合わせると、脳を活性化させる効果が非常に高いといわれています。

「息止め深呼吸」とか「4-7-8呼吸法」という呼吸法だそうで、生理学的な根拠に基づいており、脳への血流が良くなり脳を活性化させる効果が期待できるそうです。

 

<脳が活性化する仕組み>

深呼吸時に息を止めると脳は「酸素が少なくなっている」と錯覚します。

すると動脈が拡張し、多くの血液を脳に運ぼうとします。

酸素を含んだ血液がいつも以上に脳に循環していく。

という仕組みです。

 

<脳が活性化することで期待できる効果>

・集中力や記憶力がアップする

・自律神経が整う

・イライラや怒り、不安感などを緩和する

・寝付きが良くなり睡眠の質が高まるetc

 

多くの人は普段からストレスを感じることが多い環境にいるので、慢性的に脳は疲労しています。

脳が疲労していることで神経の伝達が鈍ったり、身体の各器官への指令がうまく出せなかったりして、様々な不調が起こってきます。

また、感情をコントロールする「セロトニン」、「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」といった脳内神経伝達物質の分泌にも影響がでてしまい、それぞれのバランスを崩すことでうつ病など精神的な症状も起こってしまいます。

脳への血流が良くなると脳の疲労回復が促進され、働きすぎず“加減のよい”状態、つまり活性化した状態となるのです。

うつ病やパニック障害など精神疾患の治療において、薬物療法と並行して運動や呼吸法なども積極的に取り入れられています。

脳を活性化して疲労していない脳を維持することは、心と身体の両方の健康にとってとても重要なのです。

 

<息止め深呼吸のやり方>

息を4秒で目いっぱい吸う ⇒ 7秒息を止める ⇒ 8秒でゆっくりと息を吐く

 

これを何回か繰り返し行います。

 

 

いつでもどこでもできますので、一度試してみてくださいね。

こころの病 ”○○障害”ってたくさんありますが・・・

松阪市の「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院・整体院

“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

 

精神的な疾患の中で名前に「○○障害」とついている病名が多いなぁと思っています。

気分障害、パニック障害、不安障害、適応障害、強迫性障害、ストレス性障害、身体表現性障害・・・

今週は患者さんからも「病院で○○障害と診断されました」といわれるケースが多ったです。

それぞれに特徴的な症状がありますが、共通した症状も非常に多くあります。

例えば強い不安感や動悸(過呼吸になる場合も)、ふわふわしためまい、寝付きが悪いとか夜中に何度も目を覚ますなどといった睡眠の問題も共通していることが多いと感じています。

そしてこれらの疾患に対する治療にはほとんど同じ薬が処方されています。

以前お伝えした「抗うつ薬」と「抗不安薬」、そして「睡眠導入剤」は非常に多く処方されています。

西洋医学的にもこれらの疾患の根本的な原因は同じと考えられているのだと思います。

 

東洋医学的にはまずは“気”の異常という捉え方をします。

“気”とは生きていく上で必要なエネルギーのことで、この気の流れが悪くなったり、不足したりすることで心身に様々な不調があらわれると考えます。

気の異常には大きく3つあります。

①気うつ・気滞 - 気がうまく流れず滞った状態

②気逆     - 怒りやストレスなどで気が上昇している状態

③気虚     - 気が不足している状態

 

鍼灸治療ではこの気の異常を解消しスムースに澱みなく全身を流れる状態にしていく治療を行います。

そのために関係する“臓腑”(肝・心・脾・肺・腎など)のツボを選び、鍼や灸を施していきます。(例えば不安や恐怖という感情は“腎”の影響を受けるといわれています)

そして、最終的に身体全体の“気・血・水”がきちんと流れる状態にすることで心身の不調を解消していきます。

鍼灸治療の特徴は、不安感には抗不安薬、不眠には睡眠導入剤といった対症療法的な治療ではなく、身体全体をみるという根本治療なのです。

あなたは対症療法と根本治療のどちらを選択されますか?

個人的には、例えばパニック障害の場合なら、薬である程度症状を抑えながら、減薬・断薬していく段階で鍼灸治療を始めていくのが最も早く回復していく方法だと感じています。

今 あなたがもし暗闇の中にいるとしてもきっと大丈夫ですよ。

抗うつ薬と抗不安薬の違い

松阪市の「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院・整体院

“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は抗うつ薬と抗不安薬の違いについて。

問診の際に患者さんから「安定剤を飲んでいます」といわれることが多いのですがそれは「抗うつ薬」なのか「抗不安薬」なのかをお聞きすると「えっ・・・?」という感じでよく理解されていない患者さんが意外と多いです。

抗うつ薬と抗不安薬は全く違う薬なのです。

<抗うつ薬>

現在では「SSRI」、「SNRI」という薬が主流となっています。

「SSRI」は脳内のセロトニンの再取り込みを、そして「SNRI」は脳内のセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで間接的にセロトニンやノルアドレナリンの濃度を高める働きをします。

即効性はなく、効果を感じるまでに2週間以上かかる場合がほとんどです。

最近では「ミルタザピン」という新しい薬が処方されるようになってきました。

これはセロトニンやノルアドレナリンの放出量に直接的に関与する働きがあります。

また、効果の発現までの期間が1週間程度と短いことも大きな特徴です。

 

<抗不安薬>

現在はベンゾジアゼピン系といわれる薬がほとんどで、主に不安を和らげ、筋肉の緊張をほぐし、焦燥感を緩和する効果があります。

具体的には脳内の「GABA神経」を活性化することで不安感に関与している脳のアドレナリン神経やセロトニン神経の過剰な働きを抑える働きをします。

即効性があり、15分~30分程度で効いてくるものが多いですが依存性が強いといわれており、長期間の服用は注意が必要です。

うつ病は抑うつ気分だけでなく、不安感やあせりなどの感情も重なっておこっているため「抗うつ薬」と「抗不安薬」の2種類が処方されることが大半となっています。

 

人間には本来不安感や恐怖感を和らげる力、気持ちの浮き沈みをコントロールする力が備わっています。

今抑うつ感や不安感などで苦しんでおられる方々も必ず良くなっていくと信じています。

この良くなっていく過程において、どのタイミングで減薬や断薬をしていくのかについては専門医とよく相談しながらやって頂きたいと思いますが、減薬や断薬の際には是非鍼灸治療を選択肢にいれて頂きたいと願っています。

オキシトシンの分泌を高める2つの方法

松阪市の「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院・整体院

“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

 

前回のブログでオキシトシンを増やすにはスキンシップが最も効果的であるとお伝えしました。

しかも愛しい男性とのスキンシップが最も効果的だそうです。

ただ、更年期の時期の夫婦やカップルの関係は非常に微妙ですよね。

愛しい男性と触れ合うことが最もオキシトシンの分泌が高まるといわれていますが、実は更年期世代の夫婦やカップルの半数はセックスレスといわれています。

このような場合なかなかスキンシップははかれないですよね・・・

 

それではどのようにオキシトシンの分泌を高めればいいのでしょうか?

オキシトシンは「心から愛しい気持ち」や「守ってあげたい」、「嬉しい」といった感情が芽生えると分泌しやすくなります。

その方法は2つあります。

1.ペットと触れ合う・やわらかいぬいぐるみを抱きしめる

わんちゃんやネコちゃんなどペットを愛しいと思う気持ちはすごく大切で、愛しいペットと触れ合うことでオキシトシンの分泌は高まります。

ペットがいない場合はやわらかいぬいぐるみを抱きしめることでも肌に刺激を感じオキシトシンの分泌は高まるそうです。

2.恋愛をする(ワクワク・ドキオキを感じる)

これは倫理に反するような恋愛をするという意味ではありません。

俳優さんでもスポーツ選手でも「素敵な人」と思える男性と頭の中で恋をしてみましょう。

心の中でドキドキしたりワクワクしたりするような感情が湧きあがってくるとオキシトシンはもの凄く分泌が高まるのです。

10年ほど前、ゆらぎ世代の多くの女性が韓流ドラマに夢中になり、ドラマを見るたびにドキドキして、すっかり“うつ”から抜け出したという事例が実際にあるのです。

 

女性にとって更年期の時期は新たなステージに上がる時期といえます。

いくつになっても“ときめくこと”は重要なのです。

 

あなたの心がワクワクときめくような何かに出会えますように・・・

 

そして今日はご主人やパートナーと手をつないでお休みされてみてはいかがですか?

 

”更年期うつ”にはオキシトシン!

こんにちは、松阪市の「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院
“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

昨日東海地方もようやく梅雨明け宣言が出ました。
いよいよ夏本番ですね。
私はこれからしばらくは高校野球を楽しみます。

さて、今日は「更年期うつ」と“幸せホルモン”「オキシトシン」の関係について。

以前ブログで、うつ病の患者さんは男性よりも女性の方が多く、男性の約2倍ほども多いとお伝えしましたが、更年期世代(45歳~55歳くらい)に限ると女性は男性の8倍にもなるといわれています。

更年期の時期はエストロゲンの分泌低下による女性ホルモンバランスの乱れから自律神経が乱れやすくなり、心にもからだにも不調がおこりやすい状態となるとお伝えしました。

そして更年期の時期には、子供の進学や巣立ち、仕事の行き詰まり、夫婦関係、親の介護、将来への不安など様々な問題や悩みがいくつも重なり過度なストレスに感じることもうつ病を発症しやすい要因となることもお伝えしました。

閉経前後の身体や心の変化と自身を取り巻く環境の変化から次第に女性としての自信や誇りを失っていき、うつ症状がやがて本格的なうつ病になっていく・・・
残念ながら、そんなことが多いようです。

この「更年期うつ」に非常に効果があるといわれているのが、「オキシトシン」というホルモンなのです。

「幸せホルモン」や「抱擁ホルモン」、「愛情ホルモン」、「絆ホルモン」、「恋愛ホルモン」などといった多くの別名で呼ばれたりします。

学校では、授乳する際に赤ちゃんがおっぱいを吸うことでオキシトシンの分泌が高まり、母乳の出がよくなる働きをするホルモンと習いました。
しかし、近年ではこのオキシトシンが愛情を深め、母性愛を高め、そして不安や恐怖といった感情を和らげ「多幸感」を感じ精神的な安定をもたらすことがわかってきました。

以前ブログでお伝えしたとおり、オキシトシンの分泌が高まると「セロトニン神経」が活性化され、セロトニンの分泌が高まることもわかってきました。

そして、このオキシトシンを多く分泌させることでつらいうつ症状から劇的に改善した事例が多くあるのです。

では、オキシトシンの分泌を高めるのはどうしたらいいのでしょうか?

それはずばり “スキンシップ”!

愛しい人とのスキンシップや触れ合いによってオキシトシンの分泌が高まるのです。

ただ、残念なことにこの更年期の時期は夫婦関係が冷めていたり、パートナーがいない方も多いでしょう。

でも安心してください!

そんな方にもオキシトシンの分泌を高めることができるのです。

具体的な方法はまた次回。

うつ病に”鍼灸”という選択

こんにちは、「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院

“心とからだのトータルケア” ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日はうつ病と鍼灸治療についてお伝えします。

現在のうつ病治療は当然ながら薬物治療が中心となっています。そしてその薬はこのブログでもお伝えしてきたとおり「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の脳内の濃度を高める作用の強い薬を処方することが一般的となっています。「SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)」、「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」

しかし、ほとんどの精神科のドクターは薬物だけの治療では限界があると考えておられ、薬物治療に他の治療をプラスした統合医療の重要性を訴えられています。

例えばカウンセリングなどの心理療法や認知行動療法、運動療法、音楽療法やヨガ、瞑想など様々な角度からアプローチすることで、うつ病からの早期回復と社会復帰、そして再発率の低下を実現しています。

そんな中鍼灸治療も大きな役割を果たしつつあり、海外では一定の評価と認知をされてきています。

(鍼灸ニュースより引用)

【うつ症状に鍼灸が効くというアメリカの研究】

鍼灸治療によるうつ病の改善事例はたくさんあり、個人的には減薬や断薬をしていく過程においては鍼灸は非常に有効な治療のひとつであると確信しています。

 

うつ病を発症すると精神的にも肉体的にもつらく、何よりも日常生活に大きな支障がでてしまいます。

うつ病に対して、「薬物療法と鍼灸治療の組み合わせ」が広く浸透し、ごく一般的に選択されるようになってほしいと願っています。

薬物に依存することなく、自分自身の力で不調から回復していくことこそが本来の姿であり、鍼灸はその一翼を担うことができると考えています。

そのために鍼灸師のひとりとしてこれからも勉強と努力を怠らないよう頑張っていきたいと思っています。

女性にうつ病が多い3つ理由

こんにちは、「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院

“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は女性にうつ病が多い理由についてお伝えします。

うつ病の患者さんは男性よりも女性の方が多く、男性の約2倍といわれています。

思春期うつ、産後うつ、更年期うつ、介護うつ・・・・

女性特有のうつ病はそのライフステージによって色々な呼び方をされたりします。

なぜ男性よりも女性の方がうつ病になりやすいのでしょうか?

大きくは3つの理由があります。

1.セロトニンの分泌量が少ない

うつ病に大きな影響があると考えられている脳内のセロトニンの分泌量が男性の約50%程度であることがわかってきています。

これは感情をコントロールする力やストレスに対応する力、ストレスをやり過ごす力が男性よりも弱いということかもしれません。

2.ホルモンバランスの変化

女性は生理周期やいわゆる“更年期”の時期の身体の変化による女性ホルモンの分泌の変化の影響を強く受けます。

1ヶ月の中でも生理周期により、精神的な波があります。例えば生理後の卵胞期や排卵期はエストロゲンの分泌が活発で、心もからだもいきいきとして過ごせます。しかし黄体期におけるエストロゲンの分泌が低下しプロゲステロンの分泌が増加することによって、心もからだも不調になりやすくなるのです。

更年期の時期も同様にエストロゲンの分泌低下によるホルモンバランスの乱れから自律神経が乱れやすくなり、心にもからだにも不調がおこりやすい状態となります。

また更年期の時期には、子供の進学や巣立ち、仕事の事や職場の人間関係、夫婦関係、親の介護、将来への不安など様々な問題や悩みがいくつも重なってしまいやすい時期でもあります。

エストロゲンの減少という身体的な変化と社会的な環境の変化が重なり、うつ病を発症しやすい条件が揃ってしまうのです。

3.感情的に繊細でストレスを感じやすい

女性と男性では脳の構造が違うといわれています。

具体的には脳は右脳と左脳に分かれ、その2つをつなぐ橋のような「脳梁(のうりょう)」という部分があります。女性はこの脳梁が「大きく・短く・丸い」のだそうです。また同じく左右の脳をつなぐ「前交連(ぜんこうれん)」という部分も男性よりも太いといわれています。このことで右脳と左脳の結びつきが強く、女性の方が右脳と左脳の間に速く大量の情報を移動させることができるのです。

女性は同時に複数の作業をする能力やコミニュニケーション能力が男性よりも高いといわれているのは、この脳の構造的な違いがあるからなのです。

大量の情報や記憶などが瞬時に行ききすることは、感情や記憶などの情報も含まれているためストレスも感じやすく、感情に及ぼす影響が強くでるのです。

このように脳の構造や機能、女性ホルモンバランスの影響により、女性は男性よりもうつ病を発症する確率が高くなると考えられています。

 

女性の心とからだは本当にデリケートで繊細にできていると痛感します。

BDNFを増やす2つの方法

こんにちは、「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院

“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

 

昨日は松阪も台風が通り過ぎていきましたが、大きな被害もなく何よりでした。

しかし、被害のあった地域もあり、一日でも早い復旧を願っています。

 

さて、今日はBDNF(脳由来神経栄養因子)を増やす方法についてお伝えします。

BDNFはストレスに弱く、過度なストレスを受け続けることによってよって減少していきます。

まずはストレスを受けないようにする、またはストレスをうまく解消していくことでBDNFの減少を防ぐことができます。

しかし現実にはストレスを受けないようにすることは非常に難しいですよね。

それではどうすればいいのでしょうか?

1.有酸素運動

有酸素運動によって全身の筋肉からBDNFが作られるそうです。

ポイントは1日30分程度のウォーキングなどの有酸素運動を毎日継続すること。

ウォーキングや軽めのジョギングなどによってストレスを解消し、さらにBDNFを増やしていけるのですから是非継続していきたいですよね。

2.カカオポリフェノールを摂る

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールはBDNFを増やす効果があるといわれています。カカオポリフェノールが多く含まれている高純度のチュコレートを毎日数切れ食べることをお勧めします。

最近は高純度のチュコレートがスーパーやコンビニで市販されていますので手軽に買うことができます。こちらもポイントは毎日少しずつ摂取することです。一度に大量に摂取して、その後1週間食べないという摂り方は全く効果が期待できません。

何事も適度に、そして毎日継続することが大切ですね。

 

うつ病が発症するメカニズム② BDNF仮説

こんにちは、「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院

“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日の松阪はまだ雨は降ってないですが、今から台風が直撃しそうな予報です。

何事もなく通り過ぎますように・・・

さて、今日はうつ病の発症のメカニズムの2つ目の仮説「BDNF仮説」についてお伝えします。

BDNF仮説とは脳内のBDNF(脳由来神経栄養因子)が減少することでうつ病が発症するという仮説です。(BDNF仮説は神経可塑性(しんけいかそせい)仮説ともよばれています。)

BDNFとは脳内で神経細胞を保護したり、神経細胞の新生・成長を促進させ、神経間のネットワークの働きを正常に保つ働きをするタンパク質の一種で、文字通り神経細胞の栄養となるものです。

そしてBDNFは脳内の「海馬(かいば)」や「大脳皮質」という部分に多く分布しています。

「海馬(かいば)」という場所は記憶や感情などを司る働きがあり、「虚血(きょけつ)」というピンポイントで起きる貧血に非常に弱いといわれています。うつ病の人は強い精神的ストレスの影響で海馬に虚血がおこることでこのBDNFが少なくなり、海馬の神経細胞が減って小さくなっていることがわかってきました。

BDNFが減り脳内の神経細胞の新生が抑制されることで、神経細胞から作られるセロトニンやドーパミンなどのモノアミンの合成も抑えられてしまい、うつ病を発症してしまうのではないかという理論が「BDNF仮説」なのです。

つまり前回お伝えした「モノアミン仮説」と「BDNF仮説」の違いは

・モノアミン仮説

セロトニンなどモノアミンの不足がうつ病の原因。

・BDNF仮説

BDNFが減った結果としてモノアミンが減少し、うつ病を発症する

となります。

 

近年はこの「BDNF仮説」がうつ病発症の有力な考え方となってきており、BDNFを増やし、モノアミンをしっかりと分泌できるようにし、海馬などの働きをいかに正常に戻していくかという研究がさかんに行われています。

次回はBDNFを増やす方法についてお伝えします。

うつ病が発症するメカニズム① モノアミン仮説

こんにちは、「自律神経」と「女性ホルモン」のバランスを整える鍼灸院

“心とからだのトータルケア”ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日はもう真夏の暑さですね。

からだがついていかないです・・・

 

さて、今日はうつ病が発症するメカニズムについて。

うつ病がなぜ発症するのかというメカニズムについては大きく2つの仮説がありますが、今日は「モノアミン仮説」についてお伝えします。

<モノアミン仮説とは?>

“心の情動”(感情)に重要な働きをする「セロトニン」、「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」など脳内神経伝達物質(モノアミン)が減少することでうつ病を発症すると考えられています。

ちなみにモノアミンの働きは以下のとおりです。

セロトニン

ドーパミンやノルアドレナリンの分泌をコントールし精神を安定させる役割を担っています。

ドーパミン

快楽を司り、向上心やモチベーション、記憶や学習・運動機能に関与します。

分泌が過剰になると過食症やギャンブル依存症、アルコール依存症など様々な依存症になる可能性があります。

また分泌が不足すると物事の感心が薄れたり、運動・学習機能や性機能が低下するといわれています。

ノルアドレナリン

ストレスに反応して「怒り」や「不安」、「恐怖」といった感情を起こす。「怒りホルモン」や「ストレスホルモン」と呼ばれたりします。

分泌が不足すると意欲や気力の低下など抑うつ状態になるといわれています。

この「モノアミン仮説」は従来からある考え方で、現在のうつ病の治療はこの「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の脳内の濃度を高める作用の強い薬を処方することが一般的となっています。

「SSRI(セロトニン再取り込み阻害薬)」、「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」

実際にこれらの薬によりうつ病の症状が改善した事例が多くあることから、一定の効果があると考えられています。

 

しかし、モノアミン仮説では説明できない矛盾点も指摘されるようになってきました。

1.本来薬を飲んだらすぐに“モノアミン”が増加するのに、うつ症状が軽減していく効果があらわれるまでに数週間かかること

2.モノアミンを増加させる薬を服用しても抗うつ効果がほとんど見られない患者さんが一定数いること

3.モノアミンを減少させてしまう薬(高血圧の薬など)を服用してもほとんどの方はうつ病にならないこと

これらの点からうつ病が発症するメカニズムは、モノアミンが減少することだけではないという考え方が広まってきたのです。

そして、現在最も有力な考え方は「BDNF仮説」といわれています。

この「BDNF仮説」については次回お伝え致します。