デ○スという魔物

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

当院には極度の不安感を抱え、「抗不安薬」を服用されている方が多く来院されています。

パニック障害をはじめとする不安障害に対しては、心療内科や精神科では大半は「抗不安薬」が処方されます。

そして現在は主に「ベンゾジアゼピン系」といわれる抗不安薬が主流となっています。

「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」は、脳内の「GABA神経」を活性化することで不安感に関与している脳のアドレナリン神経やセロトニン神経の過剰な働きを抑える働きをします。

このベンゾジアゼンピン系抗不安薬の代表的なお薬はデ○ス。

そして、デ○ス最大の特徴は

即効性がある!!

ということです。

 

不安感やイライラ、焦燥感など精神的にどうしようもないほどつらい状態でも30分程度でかなり落ち着いてきます。

いわゆる「頓服」として服用されることも多いです。

 

デ○スは、不安感や息苦しさを抑えるだけでなく、不眠や肩・首こりの緩和などにも非常に効果があります。

本当に様々な症状によく効きます。

 

 

 

ただし、依存性がとても高いのです。

あまり長期間服用すると止めにくくなってしまいます。

 

 

当院には抗不安薬を服用されている患者さんが多く来院されていますが、服薬期間が1年以上の方はかなり依存性が高いと感じています。

しかし、鍼灸治療を継続していくことで、過呼吸発作はおこらなくなり、パニック障害特有の予期不安も軽減していくことで減薬をしていける方が多く、断薬できた方もたくさんいらっしゃいます。

 

もしあなたが「もうデ○スに頼らない生活を送りたい」と本気でお考えでしたら、是非鍼灸治療を受けてみてください。

 

きっとあなたの人生が変わるきっかけになると思います。

ポジティブ脳に変える話し方 「終わりよければすべてよし」

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

前回のブログで「ポジティブな語呂合わせ」についてお伝えしましたが、今日は「終わりよければすべてよし」についてお話します。

パニック障害やうつ病のつらい症状のひとつである「不安感」や「抑うつ感(気分の落ち込み)」は脳内の神経伝達物質の「セロトニン」の分泌が不足していることが大きな要因といわれています。

もともと人間にはこの「セロトニン」をはじめ感情をコントロールする働きの脳内神経伝達物質を自分自身の力で分泌する能力が備わっています。

従ってこの「セロトニン」が十分に分泌していれば、精神的に安定した状態が保てるということになります。

そして、このセロトニンは日常のちょっとした意識付けで分泌が高まる可能性があるのです。

 

普段患者さんとの会話で、「話される内容を逆にすればいいのになぁ・・・」と感じることが非常に多いです。

具体的は、良いことを先に話し、悪いことを後で話すという方が多いと感じています。

例えば 前回から今日までの心身の状態についてお聞きすると

「肩と首のこりは楽になったけど、相変わらず息苦しさはある」

という順番で話される方が多いです。

そんな場合は私は「そうですか、まだ息苦しさはあるけど、肩と首のこりは楽になってきたんですね」という順番でお返しするようにしています。

 

○肩こりは楽になったけど、まだ息苦しい

○まだ息苦しいけど、肩こりは楽になった

 

どうでしょうか?

悪いことが先にきて、いいことが終わりにくるほうが良い印象になりますよね。

 

そこでお奨めするのが「いい言葉で終わる」という話し方を意識すること。

普段の会話から、いい言葉で終るように意識していくことで、少しづつポジティブ思考になっていき、セロントニンの分泌も高まってきます。

そうすることで、不安感や抑うつ感も少しづつ薄れてくると思います。

 

これは本当に少し意識するだけで誰にでもできますし、気持ちがすごく変わってきます。

 

「終わりよければすべてよし」ということわざがありますが、本当にそうだと思います。

 

あなたも是非実践してみてください。

「ポジティブな語呂合わせ」をしてみませんか?

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は「ポジティブな語呂あわせ」についてお伝えします。

パニック障害やうつ病、不安神経症といった精神的な疾患に対する治療のひとつに「認知行動療法」があります。

これは、認知に働きかけて気持ちを楽にする精神療法(心理療法)の一種で、精神科医や専門のカウンセラーが行っています。

認知とは、ものの受け取り方や考え方という意味で、この受け取り方や考え方を変えていく治療法です。

強い不安感やストレスを感じるとどうしても悲観的な考え方、マイナス思考になりがちで、認知に歪みが生じてきます。その結果、抑うつ感や不安感が強まり、さらに認知の歪みが引き起こされるようになります。

認知療法では、極端に悲観的になりすぎず、現実的でしなやかな考え方をして、自分自身でこころのバランスを取ってストレスに上手に対応できる状態をつくっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知行動療法とは少しずれますが、あなたも「数字の語呂あわせ」は普段何気なくやっていると思います。

例えば「49」という数字はどう読みますか?

「死苦」というとイヤや気持ちになります。

「4989」=「しくはっく」と読むともっとイヤな気持ちになります。

 

でも「49」=「良くなる」と読むと前向きな気持ちになりますよね。

私は「4989」は「良くなる、ハグしよう!」と読むようにしていますが、今は「49」はとても好きな番号になっています。

 

「認知行動療法」というとひとりで行うには少し難しいイメージがあるかもしれませんが、「ポジティブな語呂合わせ」くらいなら簡単にできるようになります。

 

普段からポジティブなイメージや言葉を使うことで「セロトニン」の分泌が高まるといわれていますので、パニック障害の「予期不安」も軽減していく可能性が多いにあると思います。

あなたも「ポジティブな語呂合わせ」を始めてみませんか?

東洋医学からみた「パニック障害」

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は東洋医学から見た「パニック障害」についてお伝えします。

前回のブログで東洋医学の「五行論」についてふれましたが、その中で感情と臓器の関係を以下のようにご説明しました。

☆「怒り」・「イライラ」の感情  → 「肝」がダメージを受ける

☆「恐怖・不安」・「驚き」の感情 → 「腎」がダメージを受ける

 

<パニック障害の代表的な症状>

1.パニック発作(過呼吸発作・激しい動悸・息苦しさ)

2.予期不安(また発作がおこるのではないかという不安)

3.広場恐怖(予期不安から電車に乗れない、スーパーに買物にいけない・・・)

これらは、東洋医学的にみると「腎虚(じんきょ)」、つまり「腎」がダメージを受けて働きが弱くなっている状態にあると考えます。

「腎」の働きが弱くなっていることで、他の臓器にも波及し様々な症状がおこってきているのです。

 

パニック障害の西洋医学的な薬物療法は不安感を抑える「抗不安薬」や抑うつ感を抑える「抗うつ薬」などが処方されます。

これは興奮や不安感、恐怖感などを軽減し精神的に安定させる働きのある脳内神経伝達物質の「GABA」や「セロトニン」を薬で補うということです。

 

一方、鍼灸治療では、「腎虚」に対する治療をベースにし、その患者さんの状態をみて“ツボの選択”など全体の治療を組み立てていきます。

 

そして、治療は対症療法ではなく、身体全体の「気・血・水」の流れを改善することを目的とした根本治療となります。

身体全体に「気・血・水」が滞りなく、十分に巡れば人間が本来持っている“自然治癒力”が目覚め、「GABA」や「セロトニン」を再び自分自身の力でしっかりと分泌できるようになり、結果的に不安感や恐怖感、動悸などの症状が軽減していくという考え方です。

当院では、パニック障害の患者さんに対しては鍼灸治療と整体を組み合わせた治療を行っていきますが、おおよそ5~6回程度の治療後から

・呼吸が深くゆったりできるようになってきた

・身体の緊張が和らぎ、首や肩・背中のこりが楽になってきた

・不安感が少し楽になり、「薬を減らしてみよう」と思えるようになってきた

という感想を頂くことが多いと感じています。

 

発病の初期は抗不安薬などの薬物療法は非常に有効だと思いますが、なるべく早く減薬、断薬するために、是非鍼灸治療の受診を考えてみてください。

肝心要(かんじんかなめ)

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

突然ですが、あなたも「肝心要(かなめ)」という言葉を聞いたり、使ったりしますよね?

この言葉は「非常に大切なこと」という意味で使われており、本来は「肝腎要(かなめ)」と書くそうです。

要(かなめ)とは扇を綴じるために、骨の末端に近い部分にある小さい穴に入れる釘のことだそうです。扇は綴じてある「要」がダメになると壊れてしまうので「最も重要な部分」のことを指します。

そして、「肝」「心」・「腎」・・・? そうです、人間の臓器です。

 

東洋医学では様々な事物を5種類に分けて考える「五行論」という考え方があります。

臓器の「五臓」は「肝・心・脾・肺・腎」と呼ばれていますが、中でも「肝」と「腎」は特に重要な臓器と考えられていたのでしょう。(すべて重要ですが・・・)

この「五臓」は現在の西洋医学的な臓器とは若干異なる働きや役割があるとされています。

<東洋医学的な臓器の働きのひとつ>

肝⇒ 疏泄を主る(気の巡りを調節する) 蔵血を主る(血液を貯蔵し血量を調節する) 

心⇒ 神志を主る(精神・意識を安定させる) 血脈を主る(身体に血液を送る)

腎⇒ 水を主る(体液の循環や汗、尿など調節する)納気を主る(呼吸の吸気を強める)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、五行論における「感情の5種類」は、「五志(ごし)」と呼ばれ、それぞれ五臓に対応しています。

○肝 - 怒      ○心 - 喜

○脾 - 思      ○肺 - 憂・悲      ○腎 - 恐・驚                                                                                                                           

「怒り」の感情は特に「肝」に大きな影響を与え、「恐怖」の感情は「腎」の働きに影響を与えます。

「喜び」の感情も過度になると「心」に悪影響がでてしまうのです。

例えば マンガなどで、イライラしたり、腹の立つことが続くと顔を真っ赤にして頭から湯気や煙がでている場面がありますよね。

「怒り」や「イライラ」で「肝」がダメージを受けると「気」の巡りが滞り上半身に集まってしまい、全身に巡らない状態になります。

 

また過度な「恐怖」や「驚き」を感じるとおしっこを漏らすことがあります。

これも尿などの排泄をつかさどる「腎」がダメージを受けるので、失禁してしまうということです。

 

そして、これらの感情の波が大きくなりすぎてしまうと「五臓」それぞれがダメージを受け、「気・血・水」の流れが滞ったり、弱くなったりして心身に様々な不調が起こってきます。

 

東洋医学では「心身一如」という言葉があります。

心と身体はひとつであるという考え方。

心(感情)と身体は密接に関っているのです。

 

「不安」よりも「恐怖」のほうが治療しやすい理由

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は「不安」よりも対象のある「恐怖」のほうが治療しやすい理由についてお伝えします。

パニック障害や不安神経症など多くの精神的な疾患に対する治療は大きくは3つあります。

1.薬物療法 (抗不安薬や抗うつ剤、漢方薬等)

2.認知行動療法 (不安や恐怖を感じる自分の考え方・見方の修正を図っていく治療)

3.曝露(ばくろ)療法

「薬物療法」、「認知行動療法」はどちらも不安や恐怖に対して使われています。

そして、恐れの感情が「対象のある恐怖」である場合には更に「曝露療法」という治療も行うことができます。

これは、恐怖を感じる対象に少しづつ自分自身を危険なく直面させ、徐々に慣らしていくという治療法です。

 

例えばスーパーに買物に行くのが怖い場合、

1.まずは、家族や友人と一緒にスーパーの駐車場まで行く
2.成功したら次は、家族や友人と一緒に店内を回って帰ってくる
3.成功したら次は、家族や友人と一緒に駐車場まで行って、1人で店内を回って帰ってくる

4.成功したら次は、家族や友人と一緒に買物をする・・・

というように徐々に負荷を上げ、成功体験を積んでいくことで自信を付けていくという方法です。

暴露療法は、恐れを感じる対象に自分自身を直面させるため、対象のない不安には使うことができません。しかし、明確な対象のある恐怖に対しては有効な治療法です。

 このように不安と恐怖の治療・対策を見ると、「対象のある恐怖」の方が

・対策が取れる
・治療法も多い

というメリットがあるのです。

当院でも患者さんとの会話の中で「不安」や「恐怖」を具体的にお話し頂けるように質問をすることが多いですが、具体的になるとこの「曝露療法」を実践することをお勧めしています。

そして、鍼灸治療と合わせて「曝露療法」を併用し成功体験を積んでいくことで自信がつき、今まで怖くて行けないと感じていた場所に行けるようになっていく方が非常に多いと感じています。

・電車に乗る

・スーパーに買物に行く

・美容院に行く

・映画館に行く

・女子会ランチに行く・・・etc

ある意味当たり前のことができないつらさは当人にしかわからない苦しさだと思います。

でも安心してください。

もし、あなたが「対象のある恐怖」を感じているのなら、必ず良くなっていきますから。

 

 

「不安」と「恐怖」の違いは何?

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は「不安」と「恐怖」の違いについてお伝えします。

私たちが日常で何気なく使っている「不安」とか「恐怖」という言葉。

言葉の意味を理解して意識的に使い分けをされていますか?

 

当院でも患者さんとのやり取りの中で「○○が不安です」とか「○○に行くのが怖いです」といった会話が頻繁にあります。

この言葉の違いはすごくあいまいで、あまり明確な違いはありません。

恐怖の方が不安よりも程度が強いというイメージくらいでしょうか。

しかし医学的には「不安」と「恐怖」は意味が異なるものとして明確に区別されています。

 

不安と恐怖の違いはとても簡単です。

不安は対象がない。
恐怖には対象がある。

ざっくりと言えばこれだけの違いです。 

不安は、漠然とした特定の対象がない恐れの感情です。
恐怖というのは、はっきりとした外的対象のある恐れの感情です。

例えば、パニック障害の症状のひとつに「広場恐怖」という用語があります。これは、「逃げられない空間・状況」といった、特定の状況に対して恐れを感じるというものです。

これが「広場不安」ではなく、「広場恐怖」なのは、恐怖の対象が「広場」(電車内、スーパーの店内、エレベーターの中など)というはっきりとした特定の状況だからです。

そして、一般的には「対象のある恐怖のほうが治療しやすい」といわれています。(当然治る過程には個人差があります)

それは恐怖に対しては、“敵”が何なのか明確なため対策も取りやすいからだと考えられています。

あなたの不安は具体的な「対象のある恐怖」でしょうか?

 

次回は「対象のある恐怖」のほうが治療しやすい理由についてお伝えします。

最近 呼吸が浅いと感じるあなたへ

“ゆらぎ期の女性”の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は「最近呼吸が浅い、呼吸がしずらい」と感じている方へお手軽な解消法をお伝えします。

以前にも紹介しましたが「ストレッチポール」です。

先日初めて来院されたCさん(39歳女性)は肩こり、というよりは背中・肩・首がパンパンでカチカチ、凝っているを通り越して痛い、手が痺れるという本当につらい症状でした。

そして「呼吸がしずらいです」とおっしゃっておりました。

近くのリラクゼーションなどにも行かれたそうですが、もうこの状態だと全然楽にならないとのことでした。

仕事柄ストレスも強く感じているそうで、こんな状態ではマッサージだけでは緩まないレベルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院ではこのような患者さんに対しては整体と鍼灸を組み合わせた治療を行っていきますが、まずは呼吸をしやすい状態になって頂くためによくストレッチポールを使います。

Cさんにもストレッチポールに乗って深呼吸をして頂きました。

これで胸郭(胸の空間)を広げ、深呼吸がしやすい状態にします。

すると、自律神経の交感神経の高ぶりが緩和し、副交感神経が働きやすい状態になっていきます。

副交感神経が優位になってくると、身体の緊張が緩み血流が良くなり、痛みやこりが解消しやすい状態になります。

ストレッチポールでの施術だけで「呼吸がしやすいです!」と驚いていらっしゃいました。

 

後は整体で骨盤や背骨のゆがみを整え、その後に鍼灸治療を施し今日の施術は終了。

 

治療後は「背中も肩も軽いです。しびれもとれています。深呼吸もできるし、首が回ります!」と嬉しそうにお話頂きました。

 

今日もストレッチポールの効果を実感しました。

 

もしあなたが普段から「呼吸がしずらい、呼吸が浅くて速い」と感じているのなら是非ストレッチポールをお勧めします。

 

“息を止める”と脳が活性化する?

“ゆらぎ期の女性”の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

前回は過呼吸発作が起こった時の対処法として、「息を止める」という方法をお伝えしました。

この「息を止める」ことを深呼吸と組み合わせると、脳を活性化させる効果が非常に高いといわれています。

「息止め深呼吸」とか「4-7-8呼吸法」という呼吸法だそうで、生理学的な根拠に基づいており、脳への血流が良くなり脳を活性化させる効果が期待できるそうです。

 

<脳が活性化する仕組み>

深呼吸時に息を止めると脳は「酸素が少なくなっている」と錯覚します。

すると動脈が拡張し、多くの血液を脳に運ぼうとします。

酸素を含んだ血液がいつも以上に脳に循環していく。

という仕組みです。

 

<脳が活性化することで期待できる効果>

・集中力や記憶力がアップする

・自律神経が整う

・イライラや怒り、不安感などを緩和する

・寝付きが良くなり睡眠の質が高まるetc

 

多くの人は普段からストレスを感じることが多い環境にいるので、慢性的に脳は疲労しています。

脳が疲労していることで神経の伝達が鈍ったり、身体の各器官への指令がうまく出せなかったりして、様々な不調が起こってきます。

また、感情をコントロールする「セロトニン」、「ノルアドレナリン」、「ドーパミン」といった脳内神経伝達物質の分泌にも影響がでてしまい、それぞれのバランスを崩すことでうつ病など精神的な症状も起こってしまいます。

脳への血流が良くなると脳の疲労回復が促進され、働きすぎず“加減のよい”状態、つまり活性化した状態となるのです。

うつ病やパニック障害など精神疾患の治療において、薬物療法と並行して運動や呼吸法なども積極的に取り入れられています。

脳を活性化して疲労していない脳を維持することは、心と身体の両方の健康にとってとても重要なのです。

 

<息止め深呼吸のやり方>

息を4秒で目いっぱい吸う ⇒ 7秒息を止める ⇒ 8秒でゆっくりと息を吐く

 

これを何回か繰り返し行います。

 

 

いつでもどこでもできますので、一度試してみてくださいね。

過呼吸発作がおこった時の対処法

ゆらぎ期の女性の心とからだの不調を癒す専門院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は過呼吸(過換気症候群)が起こった時の応急処置についてお伝えします。

 

過呼吸の応急処置に「ペーパーバッグ法(紙袋再呼吸法)」という処置があります。

前回もお伝えしましたが、過換気症候群は酸素が不足するのではなく、過呼吸によって必要以上に二酸化炭素を吐き出すことにより、酸素を運搬する働きをするの二酸化炭素(ヘモグロビン)が減り、結果として細胞に酸素がいかなくなるという状態になることです。

紙袋で口と鼻を覆い、吐いた息を再呼吸させるというパーパーバッグ法は、二酸化炭素の量を増やすという目的で以前から広く認知されてきました。

しかし、この方法で窒息死に至ったケースが相次ぎ、現在はペーパーバッグ法は行わないほうが良いという認識が一般的となっています

 

<過呼吸発作が起こったときの対処法>

・5秒間息を止める

・ゆっくり息を吐く(10秒くらいかけて)

・吸う:吐くを1:2の割合でゆっくりと呼吸する

・発作はしばらくすると必ず治まるということを理解する

最も注意することは、過呼吸発作によってパニックになってしまうことです。

「過呼吸で死ぬことはない」、「しばらくすれば治まる」ということを理解してゆっくりと呼吸を整えていくことを心掛けることが重要です。

患者さんにこの対処法をお伝えすると「発作が起こっている時に息を止めるなんてできませんよ」とおっしゃいます。

発作時に息を止めることはとても勇気がいると思います。

しかし、知識として知っているだけでも、いざという時に心に余裕が持てるのではないでしょうか?

「万一過呼吸発作がおこった時は5秒間息を止める」ということを頭の片隅に入れておいてくださいね。