”冬うつ”の治療

 

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は「冬季うつ病」の治療についてお伝えします。

前回のブログで冬季うつ病の大きな原因は感情や精神を安定させる脳内神経伝達物質の「セロトニン」の分泌は不足することで症状がでやすくなるとお伝えしました。

ですから、治療は「セロトニン」の分泌を増やす、脳内の「セロトニン」の濃度を高めることが目的となります。

 

 

1.高照度光療法

2,500~10,000ルクスの高照度の光を照射する。

照度と抗うつ効果には相関関係があるといわれており、比較的早く効果が認められる場合も多いですが、中断すると再発する可能性が高いため冬季の期間中は継続したほうがよいといわれています。

2.薬物療法

SSRIというタイプの抗うつ薬が処方されます。

SSRIは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」のことで、脳内のセロトニン濃度を高め、気分の落ち込みや不安感などを軽減していきます。

3.朝日を浴びながら運動をする

太陽光、特に朝日を浴びることでセロトニンの合成が活発になります。

また、ウォーキングやジョギングなどのリズム運動もセロトニンの合成を促進するといわれています。

朝日を浴びながら、15分~30分程度ウォーキングやジョギングができれば気分も爽快になり最高ですね。

4.積極的に「トリプトファン」を含んだ食品を摂取する

セロトニンを作り出すためには、その材料になる必須アミノ酸の「トリプトファン」が必要となります。

しかし、トリプトファンは体内ではつくられないため、食品から摂取しなければなりません。

<トリプトファンを多く含む食品>

・大豆製品(豆腐・納豆・味噌など)

・乳製品(チーズ・ヨーグルト・牛乳など)

・米など穀類

・ごま、ピーナッツ、バナナ

いうまでもなく、何かを大量に摂取することは健康にとってマイナスになります。バランスのよい食事を心掛けてください。

 

もし、あなたが「冬うつ」の症状に心当たりがあるのでしたら、朝日を浴びながらウォーキングをして、バランスのよい食事を心掛けてくださいね。

 

もちろん鍼灸を受けて頂くこともお忘れないようお願いします。

冬は”うつ”になりやすい?

 

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

本当に早いもので、もう12月ですね。

今年も残り1ヶ月を切り、クリスマスや忘年会など仕事以外のイベントも多いですが、健康に元気で過ごしてくださいね。

 

今日は「冬はうつになりやすい?」というお話です。

先日 11月初旬から頭痛・肩首こりの症状で通院されているNさん(42歳・女性)から「私 実は”冬うつ”なんです」といわれました。

「ここ何年間は冬はかなり調子悪くなっているので今年もなるかもしれません。こんな症状もなんとかしてもらえますか?」と聞かれちょっと驚きました。

Nさんは施術中でもNさんの方から話題を振って頂くことがあり、うつとは無縁の方だと感じていたので少し驚きました。

 

もちろん「大丈夫ですよ」とお答えしました。

 

<冬季うつとは?>

冬季うつは「季節性気分障害」や「季節性感情障害」などと呼ばれ、最近では雑誌やネットでも目にすることが多くなっています。

秋から冬にかけて、うつ症状が出始め、春になると症状が消えていくという特徴があります。

冬季うつは男性よりも女性の発症率が圧倒的に高いといわれています。

 

 

 

<冬季うつの症状は?>

一般的なうつ病の症状は

・気分が落ち込む

・趣味などを楽しめない

・気力ややる気、集中力が低下する

・イライラや不安感がひどくなる

・寝付きが悪い・眠りが浅い、眠れない

・食欲がない

などが挙げられますが

「冬季うつ」の場合は上記の「抑うつ症状」は同様ですが、食欲・睡眠に関しては

・過食(炭水化物や甘い物が食べたくなる)

・過眠(8時間以上寝ても眠い)

という症状がでやすいことが特徴だといわれています。

 

これらの症状が

・2年以上続けて秋~冬にかけておこり、春になると軽快・消失する

・精神的な過度なストレスはなく、季節以外の明確な原因がない

場合に冬季うつ病と診断されます。

 

<冬季うつの原因>

冬場の日照時間の減少が大きく影響していると考えられています。

日照時間が減り、脳内の「セロトニン」の分泌が減少すること

・気分の落ち込みや意欲低下など抑うつ症状

・睡眠ホルモンの「メラトニン」の分泌のアンバランスによる睡眠障害

がおこると考えられていますが、まだ詳細は不明な部分が多いようです。

確かに冬は過眠気味になったり、食欲が増したりすることが多いような気がしますが、あなたはどうでしょうか?

 

次回は「冬季うつ」の治療についてお伝えします。

パニック障害に対する心理療法

 

こんにちは、ひかり堂の齋藤です。

今日は心理療法について。

ウィキペデアで検索すると
心理療法とは「物理的または科学的手段に拠らず、教示、対話、訓練などを通して認知・情緒・行動などに変容をもたらすこと」とあります。

つまり薬物等で脳内伝達物質の分泌などをコントールするのではなく、精神面へのアプローチによって潜在意識や考え方を変えていく手法です。

心理療法は

☆心理カウンセリング

カウンセラーとの対話により、患者さん自身によって心や考え方を整理し問題を解決していく糸口をみつけていきます

☆認知行動療法

・認知療法

患者さんの考え方や受け取り方(認知)に働きかけ、考え方のクセやゆがみを修正し気持ちを楽にしたり、行動をコントロールしていきます

・行動療法(エクスポージャー法)

過呼吸発作などが起こり、行けなくなってしまった場所や場面に接することで、少しずつ不安感や恐怖感を軽減していきます

☆自律訓練法

自己催眠(自己暗示)により意識的に心身のリラックス状態をつくり、自律神経のバランスを整えていきます

それぞれ手法に違いはありますが、パニック障害においては「認知行動療法」が最も効果的だと感じています。

<なぜパニック障害に認知行動療法が効果的なのか?>

認知行動療法は過度なストレスや不安・恐怖に対する偏ってしまった(歪んだ)考え方・受け取り方を現実的で柔軟な考え方に戻し、問題に対処していけるようにしていく心理療法です。

気持ちが大きく動揺したり、不安になった時などに瞬間的に頭に浮かぶ考えやイメージ(自動思考)に対し、それがどれくらい現実と食い違っているかを検証し、理解し、現実に沿ったバランスの良い考え方ができるようしていくことを目的とします。

具体的にはパニック発作で「死んでしまうのではないか」という過度な不安や恐怖への思い込みを修正していくことや、怖くて行けない場所にあえて行くという「エクスポージャ」という行動療法を行います。

認知行動療法では、達成したい目標を決め、そこまでに簡単な課題から少し困難な課題までをいくつか設定し、ひとつづつ、一歩づつ課題を達成していくことで成功体験を積んでいきます。

 

例えば 発作が不安でスーパーに買物に行けない患者さんがひとりで人混みのスーパーに行けるようになることを目標にしたとします。

パニック発作は治まっていますが、まだ予期不安や広場恐怖(外出恐怖)が強くある状態。

①家族や友人と一緒にスーパーの駐車場まで行く(入店しない)

             ↓

②ひとりでスーパーの駐車場まで行く(入店しない)

             ↓

③人が少ない時間帯に家族や友人とスーパーに入店し、売場を回って出てくる
 (買物はしない)
             ↓

④人が少ない時間帯に家族や友人とスーパーで簡単な買物をする

             ↓

⑤人が少ない時間帯にひとりでスーパーに入店し、売場を回って出てくる
 (買物はしない)

             ↓

⑥人が少ない時間帯にひとりでスーパーで簡単な買物をする

これらの行動を地道に行い少しづつ成功体験を積み重ね、自信を取り戻していくことで不安感や恐怖心を取り払っていきます。

当院でも患者さんには、この成功体験を積み重ねることの重要性をお話して少しづつ行動してもらいます。

患者さんが回復していく過程をみていると、パニック障害においてはこの認知行動療法は非常に重要だと感じています。

是非実践みてください。

冷え性を改善するお灸 とっておきの5つツボ!

 

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

 

何回かにわけて“冷え性”についてお伝えしてきましたが、今日は自分でできるお灸のお勧めの5つのツボをご紹介致します。

 

<① 関元>

おへそから指4本分下ったところ。

いわゆる「丹田(たんでん)」という“気”のあつまる場所。下腹部を温め女性特有の症状に効果があります。

 

<② 足三里>

ひざのお皿の下から指4本分下った小指のあたるところ。気の流れを強め、主に胃腸の働きをよくします。

 

 

<③ 三陰交>

内くるぶしのてっぺんから指4本分上。

“血の巡り”を改善し、生理痛や生理不順など婦人科疾患に非常に有効です。

 

 

<④ 太谿>

内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみ。

足先の冷えやむくみなどに有効です。特に更年期世代の女性の“冷えのぼせ”に効果的です。

 

 

<⑤ 湧泉>

足の指を曲げてグーをした時にへこんでいるところ。

字のごとく「元気が泉のように湧きでる」ツボです。身体全体を元気にする万能ツボといわれています。

 

灸はただ単に温めるだけではありません。

ツボに温熱刺激が入ることで自律神経に働きかけ、血流やリンパの流れが良くなり内臓の働きを強め免疫力を高める効果があります。

継続してやっていくことで根本的な体質改善が期待できます。

「せんねん灸」など市販の商品でお手軽にできますので、是非試してみてくださいね。

 

 

東洋医学からみた”冷え性”

 

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

今日は東洋医学から見た”冷え性”についてお伝えします。

 

東洋医学からみる“冷え性” は今おこっている様々な症状の大きな要因のひとつとして重要視しています。

肩こり・首こり・頭痛

・生理痛・生理不順・不妊体質

・むくみ・不眠・便秘・下痢・・・etc

まさに「冷えは万病のもと」という考え方です。

 

そして東洋医学の目的は

身体の“気”・“血”・“水”の巡りを整えていくこと

で体質を改善していくことですから、“冷え性”の原因である

・身体の熱を作り出す力を高めていくこと

・血流を良くして手足の末端まで行き渡らせること

は東洋医学の最も得意とする分野なのです。

 

東洋医学では“冷え”の要因を「気・血・水」の不足や滞りと捉え、大きく5つのタイプにわけています。

①気虚(陽虚)

気(エネルギー)の不足により「陽」(温める力)が弱く熱を作り出せない

②気滞(きたい)

気が滞り流れが悪くなっている 

冷えのぼせなど(上半身は熱く、下半身が冷えるタイプ)に多い

③血虚(けっきょ)

血の不足により熱を作り出せない・末端まで血流がいかない

④瘀血(おけつ)

血がドロドロとして滞り、流れが悪く血を運べない

⑤寒湿(かんしつ)

水分(リンパ液など血液以外の水分)の量が多く流れが悪いため、水分が溜まっているところが冷える

 

鍼灸治療は字のごとく“鍼”と“灸”を使って“ツボ”を刺激していくことでこれらの要因を解消していきます。

 

特にお灸はツボに温熱刺激を加えて身体に熱をいれることができますので、”冷え体質”の方には当院でも積極的に行っています。

しかし、残念ながら1~2回鍼灸治療を受けて頂いても劇的に体質が改善することはありません。

あなた自身の力でゆっくりと少しずつ体質を変えていくのです。

鍼灸治療は一時しのぎの対症療法ではなく、根治療法であるということをどうぞご理解ください。

 

それでも「冷え性に鍼灸は効果がありますか?」と聞かれれば「すごく効果があります!!」と即答します。

特に女性特有の生理に関係する症状にはとても有効で、副作用のない安心・安全な治療法だと実感しています。

 

冷え性のあなた、東洋医学の力で体質を変えて「冷え性」を改善していきませんか?

冷え性を改善するためにすべきこと ②

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は冷え性を改善するためにすべきこと その②をお伝えします。

 

<手足の末端の毛細血管まで血液を行き渡らせるには?>

1.有酸素運動

前回に続いてここでも有酸素運動です。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動によって毛細血管を増やすことができます。主に筋肉の中の毛細血管が増えていくのですが、ウォーキングなどでふくらはぎが活発に動くことで血流がよくなり、手足の末端の毛細血管まで血液が行き渡るようになります。

時間の取れないときは「かかと上げ背伸び」をしてふくらはぎを動かしてみてください。

2.入浴

シャワーではなく、40℃~42℃くらいのお湯にゆったりと入浴をすることで全身の血流がよくなります。

逆に45℃くらいの熱いお湯に入ると交感神経が過剰に働き血管を収縮させてしまうため、冷え性には逆効果となります。

くれぐれも40℃くらいの温度を目安としてください。

そして、なんといっても冷え性には”天然温泉”がすごくいいです。(泉質は特に差はないと思います)

身体の芯から温まり、湯ざめせず、手足の末端まで血流を巡らせる効果が非常に高いといわれています。

お近くに天然温泉のあるスーパー銭湯があれば、しばらく通ってみてください。

どうしても毎日湯船に入れないという方は「足湯」を行ってください。

そして、おすすめは

「膝から下に水とお湯を交互にかける」

ことです。

湯船からでる際に、水とお湯を交互にかけることで血管が収縮したり、拡がったりします。これによってさらに血流がよくなります。

3回くらいを目安に毎日やってみて下さい。

秋から始めれば真冬でも水をかけることにそれほど抵抗がなくなりますよ。(かなり勇気がいりますが・・・)

3.就寝時の湯たんぽ

睡眠は深部体温が低下していくことで眠りに入り心身が休息していきます。

湯たんぽは最初暖かく徐々に温度が下っていきますから睡眠には最適です。逆に電気毛布などは暖かいままの状態が続きますから一時的な効果はありますが、根本的な体質改善には逆効果となります。靴下を履いて寝る方も多いですが、これも冷え性改善にはNGです。

4.タバコやめる

喫煙は血管を収縮させてしまうため冷え性には絶対によくありません。今日からやめましょう。

5.自律神経を整える(自分の意思ではどうしようもありませんが・・・)

血管の収縮は自律神経によってコントロールされています。末端の毛細血管まできちんと血液が行き渡らないのは、交感神経の働き過ぎによって血管が常に収縮していることが大きな要因となっています。

自律神経を整え、必要な時に副交感神経がきちんと働くようになれば手足の末端の毛細血管まで血液が行き渡りやすくなります。

夜は自分なりのリラックスできる時間を作り、副交感神経を優位にするよう心掛けてください。

 

前回もお伝えしたように、冷え性は体質改善が根本解決となりますので、地道にこつこつと継続していくことがとても重要です。

そして継続していけば必ず冷え性は改善できます。

何か1つでも継続してやってみてくださいね。

 

 

冷え性を改善するためにすべきこと その①

 

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は冷え性を改善するためにすべきことについてお伝えします。

 

何度もお伝えしているとおり冷えを改善するためには

1.熱を作り出せる身体になること

2.手足の末端の毛細血管にまでしっかり血液が届くこと

重要です。

 

<熱を作り出せる身体になるためにすべきこと>

身体が熱を作り出せない大きな理由は以下のとおりです。

1.熱を作り出す元になる筋肉量が少ない 

2.運動不足

3.身体を冷やす食生活をしている

 

<熱を作り出す身体になるには>

 1.筋肉をつける

 いわゆる「筋トレ」です。しかしジムに通ったり、自宅で腕立て伏せや腹筋などのハードなト レーニングはなかなか続きませんよね。

おすすめは

☆スクワット 

足を肩幅程度に開き、そのまま膝を曲げ伸ばしする(10回程度)

☆階段の上り下り

会社や駅などで極力階段を利用する

☆ストレッチ

筋肉を伸ばすことで刺激を入れる

2.有酸素運動

ウォーキングやジョギングなどは大きな負荷はかかりませんが、身体全体の筋肉の3分の2を占めるといわれている下半身の筋肉を動かすことで基礎体温を上げる効果があります。

ウォーキングで少し汗ばむくらいなら身体が温まってきた証拠です。

3.身体を温める食材をバランスよく食べる

食べ物にも「陰性(身体を冷やすもの)」と「陽性(身体を温めるもの)」があって、陽性の食べ物は

・寒い地方でとれたもの

・赤系やオレンジ系の色のもの

・水分が少なく硬いもの

・比較的塩辛いもの

といった特徴があります。

具体的には

しょうが・唐辛子・にんにく・かぼちゃ・ごぼう・玉ねぎ・大豆類・肉類などです。

(冷やす食材はレタス・きゅうり・トマト・キャベツ・すいか・メロンなど)

しかし、偏った食事はまったく無意味ですので、バランスのよい食事を心掛けましょう。

 

根本的に基礎代謝を高め、熱を作り出す身体になっていくことは体質を変えていくということですから、短期間に変わることはありません。

しかし継続していくことで必ず体質は変わります。

 

まずはやれることからはじめてみてくださいね。

 

はり・きゅう・整体 ひかり堂

三重県松阪市平生町25

0598-21-1781

あなたの”冷え”はどのタイプ?

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日も”冷え”についてですが、「冷え症のタイプ」についてお伝えします。

 

ひと言で“冷え”といっても大きくは4つのタイプがあります。

あなたの“冷え”はどのタイプでしょうか?

 

1.全身型

首から肩・背中・腰にかけて特に冷えを感じるタイプ。平熱の体温が低いことも特徴となります(35℃台または35台以下の場合もある)。比較的男性も多い。

2.四肢末端型 

身体は冷えを感じないが、手や足の指先が極端に冷えて指先を温めてもなかなか温まらないタイプ。10代~50代の幅広い年代の女性に多い。

3.下半身型 

腰から足先の下半身に冷えを感じるタイプ。上半身は熱く、下半身が冷える「のぼせ冷え型」もある。更年期の女性や中高年の男性に多い。

4.内臓型

身体の表面は暖かいが身体の内側(内臓)が冷えているタイプ。身体は冷えを感じないため自覚症状がない場合も多い。年齢や性別に特に関係ない。

上記のようにひとことで“冷え”といってもそれぞれタイプがあります。

 

次回は「冷え性を改善する方法」についてお伝えしましす。

 

 

 

やっぱり ”冷えは万病の元” なんです

こんにちは、 ひかり堂院長の齋藤です。

 

今日は「冷えは万病の元」についてです。

 

前回は冷えの原因は

・身体の熱を作り出す力が弱いこと

・手足の末端の毛細血管まで血液が行き渡らないこと

とお伝えしました。

 

つまり低体温(36℃以下)と血行不良ということです。

低体温と血行不良は女性にとってどんな影響があるのでしょうか?

 

1.免疫力が弱まる

体温が1℃下ると免疫力は30%~40%低下するといわれています。

免疫力が低下すると細菌やウィルスへの抵抗力が弱まり、風邪や感染症にかかりやすくなります。またがん細胞への攻撃力も低下してしまうのです。

2.卵巣や子宮などの機能低下・機能障害を招く

身体が冷えて、血流が悪くなると子宮や卵巣の働きも悪くなり、女性ホルモンバランスが乱れやすくなります。そのため生理痛や生理不順、婦人病や不妊体質になりやすくなります。

3.新陳代謝が悪くなる

血流が悪いと老廃物や余分な水分などの排出が悪くなります。そこに加齢による新陳代謝の悪化も加わりむくみやすく、太りやすい体質になっていきます。

4.肌トラブルが多くなる

冷えによって新陳代謝がわるくなることで、肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)の機能が低下します。

顔のむくみやしわ、くすみ、にきびや吹き出物といった肌トラブルを引き起こしやすくなり、老けやすくなります。

5.首肩こり・腰痛・関節痛等をおこしやすい

冷えによる血行不良は首・肩などのコリを慢性化させ、痛みが感じやすくなります。

6.自律神経が乱れやすくなる

“冷え”によって自律神経(交感神経と副交感神経)の切り替えがスムーズに行われなくなります。そして自律神経の乱れによってさらに“冷えやすい体質”になっていきます。

 

“冷え”による身体への悪影響は計り知れません。

 

やはり女性にとって“冷えは万病の元”なのです。

 

次回は“冷え性のタイプ”についてお伝えしていきます。

“冷え性”になる2つの原因

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

ここ数日 朝晩の冷え込みが厳しいですね。

当院の患者さんも”冷え性”の方が多いです。

 

ということで今日は”冷え”の原因についてお伝えします。

冷えの原因は大きく2つあります。

 

1.身体の中の熱を作り出す力が弱い

2.手足の末端の毛細血管まで血液が行き渡らない

 

人間には外部環境が変化しても体内環境を一定に保つ力(ホメオスタシス)があり、体温や血圧や血流量も常にほぼ一定に保たれています。

つまり身体が熱を作り出し、その熱が手足の末端まで行き届けば冷えることはないのです!

ではなぜ“冷え性”になるのでしょうか?

 

<熱を作り出せない理由>

・熱を作り出す元になる筋肉量が少ない 

・運動不足

・身体を冷やす食生活をしている

・ダイエット目的の誤った食事制限

・薬などの影響

 

<手足の末端の毛細血管まで血液が行き渡らない理由>

○自律神経や女性ホルモンバランスが乱れている

 → 交感神経の働き過ぎにより常に血管が収縮している

○下着などにより身体を締め付けている

 → 血管を圧迫し血流が悪くなる

○食べ過ぎによって食物を消化するために胃腸に血液が集まりすぎる 

→ 手足の末端まで血液がいかない

 

そして“冷え性”は特に女性に多いというイメージがありますが、男性は30%ほど、女性はなんと約70%~80%の方が“冷え性”だと自覚しているそうです。

やはりイメージどおり”冷え性”の女性は多いのです。

 

<なぜ女性に冷え性が多いのでしょうか?>

女性は男性に比べ

☆骨格的に筋肉量が少ない

☆生理がある

⇒ 自律神経や女性ホルモンのバランスを崩しやすいため元来男性よりも冷えやすいのです。

 

“冷え”、特に”女性の冷え”は様々なリスクを引き起こします。

次回は”冷えは万病の元”についてお伝えします。