肩こりと自律神経の関係

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

10月も終盤となってきましたが、今年は台風や大雨が多く例年よりも心身の不調を訴える患者さんが多かったように思います。

何度もお伝えしていますように、台風等の気圧の変動や寒暖差は自律神経を乱す大きな要因のひとつですが、今日は肩こりと自律神経についてお伝えします。

 

当院には

☆常に肩や首がガチガチで重い・痛い・眠れない

☆肩や首を回すとゴリゴリと音がする

☆コリがひどくなってくると頭痛や吐き気がおこってくる・・・

こんな症状を訴える患者さんがものすごく多いです。

 

 

 

 

 

 

 

慢性的な肩こり・首こりでお悩みの方は非常に多く、女性ではなんと有訴率(不調を感じる率)1位になっている国民的症状です。

 

この肩こり・首こりの主な原因となる筋肉が僧帽筋という首から肩にかけての筋肉のこり。

 

もちろん肩こりは長時間のPCやスマホ使用による姿勢の悪さによる血行不良が大きな原因となります。

 

しかし、自律神経とも密接に関係しています。

 

何故肩こりと自律神経が関係しているのか?

 

僧帽筋は副神経という神経に支配されている筋肉です。

そして、その副神経は運動神経と自律神経に影響を及ぼします。

僧帽筋がこっているということは交感神経の過緊張状態ということになります。

仕事柄、普段から強いストレスを感じている方は慢性的に肩や首・背中がガチガチになっていることが非常に多いと感じます。

肩や首周辺ではこの副神経支配の筋肉は僧帽筋と胸鎖乳突筋(首の前側の左右の太い筋肉)の2つだけ。

 

したがって僧帽筋を緩めるためには自律神経にもアプローチして、交感神経を抑え、副交感神経を優位にすることも非常な重要なポンイトとなります。

 

肩や首などのストレッチ等で筋肉をほぐすとともに、副交感神経を高め心身をリラックスすることも大切です。

 

・ゆっくりと入浴する(シャワーでなく)

・ゆったりとした音楽を聴く

・しっかりと睡眠をとるetc

 

何かあなたらしいリラックス法をみつけてくださいね。

 

そして、それでもあなたの肩こりがガチガチのままでしたら、是非鍼灸を試してみてください。

 

びっくりするくらい肩や首が軽くなるかもしれませんよ。

 

 

 

スマホ首のセルフケア

 

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

前回はスマホ首が肩首こりだけでなく、自律神経を乱す要因になることをお伝えしました。

 

今回はスマホ首のケアについてお伝えします。

 

まず、スマホ首(ストレートネック)になってしまうと、そう簡単には本来の前弯(カーブのついた)首には戻りません。

しかし、毎日のセルフケアによって今以上に悪化させず、そして少しづつ本来のカーブを取り戻していくことができます。

 

<自宅でできるセルフケア>

①タオル枕

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(※写真はバスタオルではありません)

 

バスタオルをクルクルと棒状に丸め、首に下にいれて3分~5分ほど寝る。

タオルの高さで首にカーブがつけていきます。

(※このタオル枕で眠らないようにしてください。逆に首を痛める場合があります)

 

②首のストレッチ(上向き・横向き(左右)・側屈(かしげる)

長時間うつむいた状態で固定されている筋肉をストレッチすることで、首の動きを取り戻していきます。

からだの軸を動かさないようにして、上向き・横向き(左右)・側屈(左右)それぞれ10秒づつくらいキープしてください。

 

③スマホは目線の高さで操作する

スマホを操作する時は、うつむかずに、背筋を伸ばして目線の高さでやってみてください。

自宅にいる時などあまり人目が気にならない場所の時は是非やってみてください。

 

 

何度もお伝えしておりますが、スマホ首は単なる肩こりや首こりだけでなく、自律神経症状やメンタル疾患の要因になるほどの重大な状態です。

 

放置せずに、毎日少しだけケアすることが、1年後、3年後、5年後のあなたの健康につながっていきます。

 

1日5分だけスマホ首のケアに時間をとってあげてくださいね。

スマホ首が自律神経を乱す?

 

「あなたらしい生き生きした毎日」を共に目指す治療院 ひかり堂院長の齋藤です。

 

先日久しぶりに電車に乗りました。

ドア付近に立って、スマホでニュースを検索したりしていて、ふと顔を上げると車内にいた全員がスマホを見ていました。

座席の人は全員 うつむきの姿勢でした。

「これではスマホ首(ストレートネック)になるわなぁ」とあらためて実感しました。

 

ということで今日は最近よく耳にする「スマホ首」について。

人間の首は本来はS字カーブになっていて、頭の重みをうまく吸収する構造になっています。

それが、長時間のスマホ使用やパソコン使用によって、寝ている時間以外はほとんどうつむいているような生活になっている方が多くいらっしゃいます。

 

そんな生活を続けているうちに首のS字カーブがだんだんとまっすぐな状態になっていきます。

これをストレートネックと呼んでいます。

 

ストレートネックになると、頭の重みをまともに頚椎が受け止めることになり、首回りの筋肉や神経に大きな負担が掛かります。(頭は身体の約10%弱ほどの重みがあります)

 

首や肩に負担がかかる

筋肉が疲労する

首・肩などの血流が悪くなる

首・肩の筋肉が固くなる

さらに血流が悪くなる

痛みや痺れを感じるようになる

 

 

しかし、実はそれだけではありません。

首の血管や神経が圧迫されることで

・筋緊張型頭痛・片頭痛

・めまい

・耳鳴り・難聴

・動悸、息苦しさ

・イライラ、不安感、抑うつ感などメンタル症状

などいわゆる自律神経の不調による症状につながっていきます。

 

つまり、スマホ首は自律神経失調症の原因となるのです。

 

当院には肩首こりだけでなく、上記のような自律神経症状でお悩みの方が多く来院されます。

そして、その大半の方はストレートネックや首のこり、緊張があります。

最近では「頚性神経筋症候群」という病名?があるほど、首が注目されています。

あなたの不調はスマホ首が原因かもしれません・・・

あなたは首のケアをされていますか?

 

次回はスマホ首のケアについてお伝えします。

 

 

“肩こり”を放置していると危険です!

 

こんには、ひかり堂院長の齋藤です。

 以前

・鉄の棒のように固くてまっすぐな首

・骨のように固い肩の筋肉

・鉄板のような動かない肩甲骨

の状態で来院され「肩も首も背中もつらくて夜眠れないんです・・・」とおっしゃる患者さんがいらっしゃいました。

「何か定期的にケアされてますか?」とお聞きすると「たまにシップを貼ったりします」とのこと。

「もう何十年も肩こりなんで、は仕方ないかなと思ってますが最近あまりにつらいので・・・」

 

あなたは肩こりを「仕方ない・・・」と放置していませんか?

 肩こりのおこるプロセスをもう一度おさらいすると                

 健康な状態

⇒ 肩・首が疲労し、乳酸がたまり血流が悪くなる

⇒ 筋肉にこりやはりを感じはじめ、血管を圧迫することでさらに血流が悪くなる

⇒ますます筋肉が固くなり痛みの物質が生まれだんだん痛みが強くなる

⇒さらに筋肉が硬くなることで神経を圧迫し腕や手が痺れる

⇒最悪の場合は麻痺が起こる

 

肩こりを放置してしまうと

・緊張型頭痛

・めまいや吐き気

・不眠

・精神的な不調(イライラ・気分の落ち込み)

などの症状がおこってくる場合が多くあります。

 

また、よく患者さんから「手が痺れることがある」といわれることがあります。

脳梗塞など重大な病気の可能性もありますので、必ずCTなどの検査をお勧めしますが、特に異常がない場合は肩こりを放置してきた結果

・頚椎症

・頚椎椎間板ヘルニア

・胸郭出口症候群

といった“病気”にまで進行してしまったと思います。(肩こりを放置したことがすべての要因ではありませんが・・・)

 

私は肩こりの状態(ステージ)を以下のように考えています。

健康な状態⇒(1)疲労⇒(2)こり・はり⇒(3)痛み⇒(4)しびれ⇒(5)麻痺

あなたの肩こりはどの段階にありますか?

疲労感や軽いはり・こりを感じる程度であれば、シップやマッサージで回復するでしょう。

 しかし、“たかが肩こり”とケアを怠り放置すればするほど症状は重くなり、他の症状や病気を引き起こす大きな要因となっていくのです。

そして、”鉄の棒のような首”、”鉄板のような肩甲骨”の状態で痛みや痺れを感じるようであれば、残念ながらもうシップや1回のマッサージで簡単に回復することは難しいでしょう。

 “たかが肩こり”と軽く考えるのは本当に危険なのです。

肩こりこそ放置せず早目にケアし、頭痛やめまいなど他の症状がおこらないよう定期的にメンテナンスを続けることが重要です。

機械や車でも定期的にメンテナンスを行うことで故障を防ぎ、長い間性能を維持できるのです。

万一故障しても、機械なら部品を交換すれば済みますが、人の身体は部品交換するわけにはいかないのですから・・・

 

 もしあなたが肩こりを感じているのなら、明日 早速ケアに行って下さい。

 鍼灸治療は鎮痛作用や血流改善に非常に効果があり肩こりの緩和を得意としています。

あなたの肩こりケアに、是非鍼灸治療も選択肢に入れてくださいね。

それでは お大事に(^v^)

女性に肩こりが多い5つの理由

 

こんにちは ひかり堂院長の齋藤です。

 GWはいかがお過ごしでしょうか?

三重は伊勢の“菓子博”が盛り上がっています!(行ってませんが・・・)

 

さて、今日は肩こりが女性に多い理由についてです。

 ある調査によると肩こりを感じている女性の割合は男性の1.5倍もあるそうです。

 なぜ肩こりは女性に多いのでしょうか?

 <女性に肩こりが多い5つの理由>

 1.肩や首の筋肉量が少なく、肩や首への負担が大きい

2.身体全体の筋肉量が少なく、冷え症になりやすい

3.長時間のPC作業などデスクワークが多く、姿勢が悪くなりやすい

4.ホルモンバランスの乱れの影響を受けやすい

5.ストレスを感じやすく、自律神経が乱れやすい

 

まず体格的に男性よりも筋肉量が少ないので、肩や首への負担は大きくなります。

また、全体の筋肉量自体も少ないので、熱産生が悪く、どうしても冷え症になりやすい傾向にあります。

そして、 長時間のデスクワークでは

・脚を組むことにより骨盤がゆがむ

・前傾姿勢になり頭が前にでるため「ストレートネック」になりやすい

・肩が内側に入る「巻き肩」になりやすい

 

☆骨盤のゆがみ

☆ストレートネック

☆巻き肩

は肩こりの決定的な3大要因です。

これらの身体的な理由からどうしても血流が悪くなりやすく、肩こりになりやすいのです。

 

そして女性特有の“生理周期”によって女性ホルモンのバランスの変化やストレスによる自律神経の乱れによる影響から交感神経が過緊張状態となり、血管は収縮し血流が悪くなることで肩こりになりやすくなります。

 

つまり、女性には身体的な問題だけでなく、内側にも肩こりになる要因があるということです。

したがって女性の肩こりは筋肉を揉むだけでなく、内側の要因(女性ホルモン・自律神経)にもアプローチしなければ根本的に解消しないのです。

 

 “たかが肩こり、されど肩こり”・・・ 奥が深いのです。

 そして”たかが肩こり”だからといって身体のケアを怠り、肩こりを放置しておくと様々な病気を引き起こすリスクが高まってしまいます。

 普段から軽い運動やストレッチなど身体のケアを意識してくださいね。

 

”巻き肩”は万病のもと

 

こんにちは、ひかり堂院長の齋藤です。

今日は真冬に逆戻りしたような寒さでしたね。

無意識に背中を丸め、肩に力が入ってしまった方も多かったのでは
ないでしょうか?

ということで今日は巻き肩について。

巻肩とは肩が前に出て、さらに内側に捻じれた状態のこと。いわゆる猫背にようにみえる姿勢です。

最近 年齢を問わず巻き肩の方が多いと感じます。

特にデスクワークで長時間パソコンを使う方や10代~20代の”スマホ世代”の方のほとんどが巻き肩といっていいほど多いです。

これはデスクワークをする格好が、自然と肩が内側に巻き込まれるような姿勢になるからです。

巻き肩は肩こりや頭痛の原因になるだけでなく、

☆からだの代謝が悪くなる

☆内臓の下垂による便秘、

☆女性は気になるバストのトップ位置が下がる・・・etc

健康面・美容面にも悪影響を及ぼします。

巻き肩かどうかの簡単なチェック法は、鏡の前に自然にリラックスして立ち、手のひらが後ろ側、手の甲が前を向いていたら要注意です。

手の甲が前を向けると肩が内側に入ります。自然な状態で立って手の甲が前を向くのは肩が内側に巻いているということになります。

 

 

 

 

 

 

 

巻き肩の解消法はいろいろとありますが、私が最もおすすめは

ストレッチポール

です。

巻き肩だけでなく、姿勢と心のリラックスにも非常に効果があると感じています。

当院も患者さんの状態によっては、施術の中で取り入れています。

興味のある方はネットで検索してみて下さい。

ユーチューブでの動画もあります。

そして肩こりがつらい時は是非ひかり堂にご来院下さいませ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【三重県松阪市】はり きゅう 整体 ひかり堂
http://hikarido.net/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~